住宅事業で2兆円目指すパナソニック--拡大する事業を支える工場の現場 - (page 3)

大河原克行 2015年01月31日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 柔らかくなったブロックは、機械でスライスして「表面化粧単板」が完成する。表面化粧単板は、1秒間に40~45枚の速度でスライスされ、ひとつのブロックからは1200~1500枚が取れるという。1枚あたり250ミクロンという薄さだ。最後の工程は、2人の担当者が目視で確認。接着剤がしっかりついているか、破れがないかといったことを瞬時に判別する。

 完成した表面化粧単板は、床材製造工程を持つ床材工場に投入される。

  • 表面化粧単板の最終工程。1秒間に40~45枚の速度でスライスされ、2人の担当者が目視で確認する

  • 完成した表面化粧単板。非常に薄いものだ

  • 床材製造工程を持つ床材工場の様子

  • 床材仕上げラインでの最終検査工程。太陽光に近い明るさの環境で目視で検査する

  • 照りにこだわった製品。見る角度で変化する

  • 左の床材と右から2本目の床材は同じデザインとなる。こうしたものをどう組み合わせるか、どこに使うのかといったことも提案する

 床材工場では、プレスラインと床材仕上げラインの2つの生産ラインで構成される。

 毎分100mの加工が可能なプレスラインでは、まずは貼り合わせ工程からスタートする。接着材を塗布したのちに、表面材貼り工程に入り、カメラで位置を自動的に調整し、基材に化粧単板を的確に貼り付ける。「従来は人で行っていたが、自動化することでスピードと精度はともに2倍に向上している」という。ここでは化粧シートと呼ぶ印刷物を貼る場合もある。

 貼り合わせたものは、110度の熱板で熱圧プレスを行う。群馬工場では、1枚ずつプレスを行う機械を40台導入しているが、「複数枚数を同時にプレスする機械に比べて、厚みのばらつきを修正できること、さまざまな化粧単板を混流できるといったメリットがあるそのため、古い機械でもそのまま使い続けている」という。その後、全量を目視で検査して、低温高湿の状態の環境で、積載養生による含水率の安定化および完全な接着を行うことになる。

全量を目視で検査

 床材仕上げラインでは、表面研削工程から始まる。3種類のサンドペーパーを使って研削を行っており、これで表面の凹凸をなくす。長手加工工程では、テノーナと呼ぶ機械を使って溝などを切削。さらに、面研磨、溝研磨を行うと、今度は着色工程、塗装工程に入る。

 着色工程では、スポンジとメッキローラーなどを使い、色を調整する。塗装が終わるとジェットドライヤーで塗装を乾かすことになる。群馬工場は寒い場所にあるため、塗装がしっかりと乾くように工場内の室温を自動で計測し、それにあわせてジェットドライヤーの温度を設定するという。これらの温風を出すために、不要となった木くずを燃やして発生したエネルギーを使用しているという。

 塗装工程では、色というよりも品質を高めるための役割が中心となる。下塗りでは凹凸をなくすことが目的となり、中塗りでは耐磨耗性を実現するための塗装を行う。そして、上塗りでは、耐傷性やアレル物質対策などが施される。この3つの塗装工程を経ると、下塗りではざらざらしていた表面が、上塗りが終わると、表面はツルツルしたものに変わっていた。

 その後、全量を目視で検査。この作業は認定された作業員だけが行うことになる。プレスラインと床材仕上げラインのなかには、7カ所ほどで自動検査が行われ、工程内での品質維持が行われている。検査が完了すると、梱包ラインに運ばれ、自動梱包機で梱包され、出荷されることになる。一部の完成品は、ヒーターや温水ポンプを埋め込んで床暖房機能付き製品に加工されたり、裏溝加工やクッション材を貼付して防音機能付き製品に加工されたりする。

丁寧なモノづくりが意味するもの

 群馬工場を見て感じてのは、日本の生産拠点ならではの丁寧なモノづくりがパナソニックの床材を生んでいるということだ。そして、中高級品へのシフトを強化する上でも、群馬工場におけるモノづくりは重要なものになる。床材は、住宅関連事業の成長を支える製品のひとつとして、日本でのモノづくりへのこだわりが、これからも大きな意味を持ちそうだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]