編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

データセンターの未来をひらく5つのイノベーション - (page 2)

Conner Forrest (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-02-06 06:30

#3:ソリッドステートドライブ

 ソリッドステートドライブ(SSD)は新しいテクノロジではないが、大企業のデータセンターでは費用やインターフェースの懸念により、その検討すらまだ難しい状態だ。ムーアの法則に従って、SSDも過去ほど高価な選択肢ではなくなってきているが、ハードディスクに比べるといまだに高価な投資であり、解決すべきインターフェースの問題も残っている。しかし、採用に踏み切る企業も少しずつ増えてきている。

 すべてをSSDに置き換えた企業など、あっても数社だろうが、SSDのパフォーマンスと耐久性は否定できないメリットだ。SSDとハードディスクを組み合わせるハイブリッドソリューションは、莫大な投資をせずにSSDを試せるユニークな方法と言える。例えば、キャッシュ部分にSSDを使用すれば、すべてをSSDにせずとも、重要データへのアクセスを高速化できる。とは言うものの、SSDを支えるテクノロジの成熟とともに、データセンター内のハードディスクはSSDへと置き換えられていくはずだ。

#4:仮想化

 データセンターの変革を推し進めるもう1つのテクノロジは仮想化だ。現時点でも効率的なテストや簡単なバックアップ、迅速な再配備などを含むさまざまなメリットがある。仮想化の現実性について、特に仮想環境におけるストレージからのデータの読み込みに関する議論がまだ続いている。しかし、新たな仮想化テクノロジが次々と生み出されており、それによってデータセンターにおける仮想化のパフォーマンスも改善してきているため、仮想化はかつてよりも優れた選択肢となっている。

 こういった新たなテクノロジの1つが、仮想ストレージエリアネットワーク(VSAN)だ。VMwareは最近、同社の仮想SAN、すなわちVSANを発表した。これはハイパーバイザにソフトウェア定義ストレージシステムを組み込んだものだ。VSANのような仮想化ツールによってデータセンターの柔軟性が向上するとともに、自動化も支援されるというわけだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]