松岡功の一言もの申す

グーグルとヴイエムウェアの協業にみるクラウドの新潮流

松岡功 2015年02月04日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GoogleとVMwareが企業向けクラウド分野での協業を発表した。この動きは何を意味するのか。

両社のクラウドサービスを連携

 GoogleとVMwareが米国時間1月29日、VMwareのクラウドサービス「VMware vCloud Air」上でGoogleのパブリッククラウドサービス「Google Cloud Platform」を企業向けに2015年後半にも提供開始すると発表した。これによって、企業はVMwareのハイブリッドクラウド基盤上でGoogleのクラウドサービスにアクセスできるようになる(関連記事参照)。

 今回の発表に向け、両社の事業責任者は次のようにコメントを寄せている。

 「両社の協業により、顧客企業はVMwareベースのクラウド環境と、セキュリティ、拡張性、コストパフォーマンスを備えた当社のパブリッククラウドを単一インフラ上で統合し、当社が提供する数十億の分析結果をわずか数ミリ秒(1000分の1)で取得できるようになる」(Googleグローバルパートナーストラテジー&アライアンス担当マネージングディレクターのMurali Sitaram氏)

 「両社の協業により、顧客企業は Googleの豊富なサービス群を利用しながら、ミッションクリティカルなアプリケーションをvCloud Air上で稼働させることができる。そして、この協業を通じて、顧客企業はvCloud AirとGoogle Cloud Platformを既存のVMware vSphereベースの社内インフラと完全な相互運用性を備えた単一のハイブリッドクラウドサービスとして利用できることによるメリットを享受できる」(VMwareハイブリッドクラウドサービスビジネス担当上席副社長兼ゼネラルマネージャーのBill Fathers氏)

ハイブリッドクラウド利用の動きが活発に

 両氏のコメントからも明らかなように、今回の協業における両社の狙いは、プライベートクラウドとパブリッククラウドを連携させたハイブリッドクラウド利用を促進して事業拡大を図ることにある。

 実は、こうした動きはこのところ、他のクラウドベンダーの間でも活発になってきている。とりわけ、パブリッククラウドとして協業の対象になっているサービスは、IaaSで激しい価格競争を繰り広げている「Amazon Web Services(AWS)」と「Microsoft Azure」だ。

 例えば、IBMやOracleはプライベートクラウドとともに自らもパブリッククラウドサービスを展開しているが、多様な顧客ニーズに対応するために、Microsoftと協業してAzureとも連携できるようにしている。日本でも同様に、富士通がMicrosoft、NECがAWS、日立製作所がAmazonおよびMicrosoftのサービスと連携できるようにしている。

 その意味では、今回VMwareとの協業によって、AmazonおよびMicrosoftと価格競争を繰り広げているGoogleが、ハイブリッドクラウドの利用形態に本格的に乗り出したとも見て取れる。

 今後はさらに多くのクラウドベンダーが、AmazonおよびMicrosoftにGoogleを加えた3社のパブリッククラウド基盤を顧客ニーズに応じて連携させながら、ハイブリッドクラウド利用を押し進めていくだろう。今回のGoogleとVMwareの協業は、そうしたクラウド市場の新たな潮流を一層加速するものといえそうだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算