編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、「Office for Windows 10」のプレビューを公開

Nate Ralph (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2015-02-05 08:50

 Microsoftが1月の「Windows 10」イベントで約束したとおり、「Microsoft Office」スイートのユニバーサルバージョンがWindows 10 Technical Previewで利用可能になった。ユニバーサルバージョンは、あらゆるデバイスにシームレスに移行できるように設計されており、タブレットでも、スマートフォンでも、PCでも全く同じ快適さで利用できる。

 このOfficeスイートは新しいルックアンドフィールを備えているが、機能性はユーザーが由緒あるMicrosoft Officeに求めてきたものと概ね同じだ。この初期プレビューには、タッチスクリーンデバイスでの作業の快適さを高めるであろう新機能がいくつか組み込まれている。例えば、「Word」では、「Read」アイコンをタップして、長文の文書を指で操作しやすいスワイプ対応フォーマットに変換することができる。「Excel」では、簡単にドラッグでカラムを動かしたり、新しいカラムを挿入したりすることが可能だ。実は、筆者は「PowerPoint」をまだ試していないが、タッチスクリーンデバイスからプレゼンテーションを行うときは、タップアンドホールド(長押し)でレーザーポインタのように特定の箇所を指し示したり、スクリーンに投影する画面に指で落書きをしたりすることができる。


新Officeスイートは新しいルックアンドフィールを備えている。
提供:Screenshot by Nate Ralph/CNET

 これらのプレビューアプリは現在、無料で試用できるが、必ずしも完成の域には達していない。筆者の複雑なExcelスプレッドシートには、XMLマップを利用し、ウェブからアップデートを取得するものもある。この2つは、ユニバーサルバージョンが現時点では未対応の機能だ。あまり知られていないOfficeスイートの機能をタブレットやスマートフォンに移植する作業にMicrosoftはどのように取り組むのだろうか。筆者はそれに興味があることを認めなければならない。

 Microsoftによると、これらのアプリは今後定期的にアップデートされるという。


Excelスプレッドシート。
提供:Screenshot by Nate Ralph/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]