マイクロソフト、カレンダーアプリのSunriseを買収か--1億ドル超で

Nick Statt (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 長谷睦 (ガリレオ) 2015年02月05日 10時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)であるSatya Nadella氏が、またしても新たにアプリ開発会社を獲得し、自らの就任1周年を祝った。TechCrunchの報道によると、今回は、人気の高いモバイルおよびデスクトップPC向けカレンダーアプリ「Sunrise」を1億ドル超で手に入れたという。

 Microsoftは、今回の買収の2カ月前にあたる2014年12月に、メールアプリを開発するAcompliを約2億ドルで獲得した。さらに米国時間1月29日には、Acompliをベースにした新しい「Outlook」アプリをリリースした。このOutlookは、Appleの「iOS」とGoogleの「Android」という2つのプラットフォームを対象とした、モバイルメールに関するMicrosoftの新しくかつモダンなアプリと言える。

 そして今回の買収は、複数のプラットフォームを横断して利用可能なクラウドベースの無料アプリを提供するというNadella氏の戦略のさらなるステップと言える。その狙いは、顧客に納得の上で「Office 365」の年間使用料を支払ってもらい、MacやPC上でOutlookや「Word」「PowerPoint」といったプログラムのクラウド版の利用できるようにすることにある。

 Sunriseの買収により、Microsoftは、iOSとAndroidの両方で利用できる(ただし、「Windows Phone」版はない)トップクラスの無料カレンダーアプリの1つを手に入れる。

 新興企業のSunriseは、この2年間に820万ドルのベンチャー資金を調達し、2014年8月時点では8人の従業員を抱えていた。

 Microsoftはコメントを差し控え、Sunriseからは今のところコメントを得られていない。

提供:Sunrise
提供:Sunrise

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]