編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

アップルが「FaceTime」と「iMessage」で2ステップ認証を可能に

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-02-16 10:30

 Appleは米国時間2月12日、「FaceTime」と「iMessage」のセキュリティ対策を強化し、不正にアクセスされないよう2ステップ認証プロセスを利用できるようにしたと発表した。


提供:Apple

 2ステップ認証は、ユーザー名とパスワードに加えて、登録したデバイスに送られる4桁の認証コードを利用する手法だ。今回のFaceTimeとiMessageでの導入により、たとえ悪意あるハッカーがユーザー名とパスワード情報を取得できても別のデバイスではこれらのサービスを利用できないようになる。

 2ステップ認証を設定したユーザーには、14文字で構成される復旧キーが付与される。これは、デバイスにアクセスできなくなったときやパスワードを忘れてしまった場合などiCloudアカウントへのアクセス復旧で必要となるため、印刷して安全なところに保管することが推奨される。

 今回の2ステップ認証対応はiOSとMac OS Xの両方で有効だ。

 2ステップ認証を有効にするメリットの1つとして、セキュリティ質問を覚えなくて済む点が挙げられる。ID認証はパスワード、デバイスに送られる認証コード、そして復旧キーを利用するためだ。

 2ステップ認証の<設定手順は以下のとおりだ。

  1. Apple IDページにいく
  2. 「Apple IDを管理」を選択し、サインインする
  3. 「パスワードとセキュリティ」を選択する
  4. 「2ステップ確認」を選択し、設定を進める

 詳細はAppleのサポートページを参照されたい(編集部注記:本稿執筆現在、日本語版のサポートページでは2ステップ確認を有効にした場合に2要素認証が必要になるサービスの一覧に、FaceTimeとiMessageが挙がっていない)。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]