マイクロソフトの月例パッチにまた不具合--「PowerPoint」で

ZDNET Japan Staff

2015-02-17 11:40

 Microsoftが米国時間2月10日に公開した月例セキュリティ更新プログラムにまたしても不具合があったようだ。

 同社はPowerPointの更新プログラム「Microsoft PowerPoint 2013 KB2920732」の配信を中止した。KB2920732のページには現在「この更新プログラムは現在利用できません。調査中の問題に対処する改訂されています。問題が解決されると、更新プログラムが復元されます」(原文ママ)という通知が掲示されている。

 The Registerなどの報道によると、更新プログラムは「Microsoft PowerPoint 2013」の安定性をいくつかの方法で向上させるものであり、これによって特に動画再生時の安定性が向上するとされていた。しかし、インストールしても安定性は向上せず、一部のユーザからはPowerPointが起動できなくなったという報告も寄せられたという。

 上述の更新プログラム以外でも、不具合が報告されている。SANS Internet Storm Centerは不具合の一覧をまとめたリストを公開している。

 「Internet Explorer」を対象とした大規模なセキュリティ更新プログラム「MS15-009」に伴ってインストールされる「KB3023607」や、TrueTypeフォントを処理するカーネルレベルのコンポーネントに発見された6件の脆弱性を修正する「MS15-010」の「KB3013455」で不具合が報告されている。

 また、「Visual Studio 2010 Tools for Office Runtime」のアップデートである「KB3001652」は、インストールが完了せず、システムが応答しなくなる不具合があったとして、パッチの配信をいったん停止し、その後、再配信している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]