編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

クラウドより一歩進んだストレージソリューション「Lima」とは - (page 3)

Frances Marcellin (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2015-02-25 06:00

 Partech VenturesのPhilippe Collombel氏は、「Limaはこの10年間で目にした中で、最も野心的な製品の1つだ」と述べている。「同チームは、危険度の高い個人情報の問題に対して革新的なアプローチを取っており、20年ぶりにファイルの保管プロセスを再構築する可能性がある。われわれは、Limaは世界中に蔓延しているサイロ化されたデータの問題を解決すると考えている」(Collombel氏)

セキュリティとスピード

 Limaは時間とお金の問題にも取り組んでいる。クラウドへのファイルのアップロードには、(接続回線の太さによって)時間がかかる。「2テラバイトをアップロードしたければ、1年はかかるだろう。しかし、アップロード接続よりも平均60倍高速な自宅のローカルネットワークに置かれるLimaには、この問題は起こらない。またすべてのデバイスはピアツーピアで直接通信するが、これは常にサーバを経由する必要がある場合よりもずっと高速だ」とMarcombes氏は言う。

 フランスに新たな監視法制が導入されようとしている今、クラウドサービスに対する信頼の失墜が問題になってきており、Limaのローカルでプライベートなストレージを利用するという選択肢は、消費者や企業オーナーに、新たなファイルストレージの選択肢を与えてくれる。

 Marcombes氏は、「Limaを使用すれば、すべてのファイルを外国の私企業が持つサーバではなく、自宅に保管できる」と述べ、必要であればコンテンツをいくつかのLimaに複製し、複数の場所でファイルをバックアップすることもできると付け加えた。

 「世界中に、物理的にデータにアクセスできるのは自分だけしかいない。すべての通信はTLSプロトコルを使って完全に暗号化されており、これは銀行が使用しているセキュリティに似ている」(Marcombes氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]