編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

パナソニックES、全ポートギガビット対応スイッチングハブ--PoE Plusで給電

ZDNet Japan Staff

2015-02-26 15:00

 パナソニックESネットワークスは2月25日、PoE Plus給電スイッチングハブ「Switch-M5eGPWR+(PN28059K)」を発表した。税別価格は10万9800円。3月4日から発売する。

 全ポートがギガビットに対応した6ポートタイプのPoE Plus給電スイッチングハブ。動作環境温度が摂氏50度、ポートごとのPoE給電容量が30WのPoE規格(IEEE802.3at)を採用することで、高速化で消費電力が増加する無線LAN用アクセスポイントや高機能なネットワークカメラなどを接続するネットワークシステムを構築できるという。

 未使用ポートの電力やLANケーブルのポート接続時でもデータ通信が行われていないときの電力を抑制する省電力型イーサネット機能(IEEE802.3az)に加え、ループを検知して遮断する機能やリンクアグリゲーション機能、IGMP snooping機能も搭載する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]