データで見る「iOS」と「Android」のモバイル戦争--勝利は誰の手に? - (page 4)

Matt Asay (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-03-06 06:30

アプリを販売するのではなく、商品を販売する

 こういったことはすべて、モバイルビジネスの次の波が押し寄せてこようとしている可能性を示唆している。確かにAppleは、新しい世界でも大きな収益を上げ続けるだろう。何しろ、iOSユーザーはAndroidユーザーよりも可処分所得が多い。このため、3000億ドルの大半がApple関係のものになるだろう。

 しかし、この新たな経済活動はApp Storeを経由しないため、Appleが3000億ドルの30%を得ることはないはずだ。

 この変化に適応するためにAppleは、単なるアプリの販売ではなく、モバイル機器を用いた商品の販売に向け、「Apple Pay」へと移行してきている(Googleも同様の動きに出ている)。Adobe SystemsのAdobe Digital Indexも示しているように、2014年の年末商戦では31%のオンライン購入がモバイル機器を通じて行われた。この流れは今後も続くだろう。

 モバイル機器によるEコマースという新しい世界は、モバイル市場を再編することになるはずだ。プラットフォームの所有者であるAppleやGoogleは、このモバイル機器によるEコマース市場で大きなシェアを手にできるのだろうか?筆者の勘では、デスクトップの世界でMicrosoftに起こったことと同じように、彼らのプラットフォームを利用して行われる活動よりも、彼らのプラットフォーム上で築き上げられる活動の方が大きくなると考えている。

 それでも、そのような変化がAppleやGoogleにとって良い結果をもたらすのはもちろんだ。しかし、生計を立てようとしているモバイルアプリ開発者にとってはさらに良い結果がもたらされるはずだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]