編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

企業向けクラウドのBox、BYODセキュリティなど手がける新興企業Subspaceを買収

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)

2015-03-04 12:59

 Boxは、クラウドベースのプラットフォーム上でセキュリティやコンプライアンスなどの管理機能を強化するため、Subspaceを買収したと発表した。

 2013年に設立され、カリフォルニア州バークレーを拠点とするSubspaceは、コンテナ型ウェブブラウザをベースにしたデジタルワークスペースで、BYOD(Bring Your Own Device:個人所有デバイスの業務利用)の時流に乗ってきた。

 企業データが送信されたりエンドポイントで処理されたりする際の安全を確保するSubspaceの手法は、デバイスを継続的なIT管理から解放するために設計された。

 あるいは、Subspaceのサイトに要約されているように、「現在の仕事は、高機能アプリケーションではなく、ウェブブラウザで行われている」という見方もある。

 Boxの最高経営責任者(CEO)であるAaron Levie氏は米国時間3月3日のブログの投稿で、Subspaceについて、「職場で使われる企業や個人のデバイスが急速に多様化するなか、そうしたデバイスに格納された重要なコンテンツへのアクセスを管理するコンテナ型ブラウザ技術の利用」を開拓したと称賛した。

 Levie氏は、Boxの業界主導型ビジネス戦略(特に金融サービス、ヘルスケアおよびライフサイエンス向け)を強調し、Subspaceは今後、Boxにおけるデータセキュリティへの取り組みを推進する予定だと繰り返した。

 この買収の金銭的条件は明らかにされていない。Subspaceの従業員7人は全員、Boxに移籍する予定だ。

提供:Box
提供:Box

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]