編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

レガシーシステムをSaaSに移行するには--事前に踏むべき4つのステップ

Judith Myerson (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-03-09 06:00

 レガシーシステムには、一連の業務機能を遂行するための、数え切れないサービスコンポーネントが含まれている。例えば、組織が稼動させているオンプレミスのレガシーシステム内のコンポーネント一式によって、ある幹部に統計レポートを提供しているとしよう。期日までに週次レポートを受け取るようにするには、この幹部は、必要なコンポーネントを、新しいSoftware as a Service(SaaS)アプリに移行することを検討すべきだ。

 経済的な実現性を調べた結果、この移行が賢明な判断だと分かれば、この幹部は、アプリに取り掛かる前に、他の幹部や開発者チーム、システムエンジニア、ビジネスアナリストらと協力して、レガシーシステムをコンポーネントに分割するべきである。

1. レガシーシステムの資産を特定する

 開発チーム、幹部、そしてレガシーシステムの所有者は、レガシーシステムの資産を特定する必要がある。資産には次のものが含まれる。

  • 文書類。レガシーシステムの説明書やフローチャート、ディザスタリカバリ計画を含む。
  • その会社の社内データセンターが置かれている施設。
  • レガシーシステムに関連する利害関係者。現在のユーザー(幹部を含む)、開発者、システム管理者、ビジネスアナリストを含む。
  • レガシーシステムが稼働しているITインフラストラクチャ。
  • Platform as a Service(PaaS)上でSaaSアプリを開発するなどの、開発者の技術的スキル。こうしたスキルがあれば、開発者のスキルを仮想的に共有できる。

2. 必要なコンポーネントとその依存関係を見つける

 開発者は、後で抽出するために、サービスコンポーネントのソースコードを詳しく調べる必要がある。ソースコードには、メインプログラムと、サブルーチンとのインターフェースが含まれている。このインターフェースは、メインプログラムとは異なるプログラム言語で書かれている可能性がある。

 次のステップとして、開発者はメインプログラムとサブルーチン内のコンポーネント間の依存関係を特定する。1つのサービスコンポーネントの依存関係は、他のサービスコンポーネントの依存関係と、多対多の関係を持っている場合がある。

 コンポーネントを特定するプロセスでは、開発者はフローチャートを作って、サービスコンポーネントが互いにどのように依存しているかを可視化するとよい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]