デジタルバリューシフト

ポイントは非同期、多様な価値観と協調性を重視--サイボウズのワークスタイル

林大介 2015年03月09日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 連載第7回の今回も、前回に引き続き企業との対談の様子をお届けしようと思う。グループウェアでおなじみのサイボウズにご協力頂いた。同社のワークスタイルに対する考え方やこれからのデジタルテクノロジについて、他社とは視点の異なる(バリューシフトされた)考え方を紹介したい。


サイボウズ エントランス

ご協力頂いたサイボウズの方々。(左から)佐藤氏、野水氏、大槻氏。一番右はこの日偶然インターンシップで同社に勤務していた学生の石川さん。同社の方向性に共感し、猛烈なアピールでインターンシップの座を勝ち取ったのだとか……。

サイボウズのワークスタイルの歴史

--ワークスタイルについて簡単に教えて頂けますか。特に人事制度面はかなり特徴的だという認識なのですが。


サイボウズ 佐藤学氏

佐藤氏 おそらく「ライフ重視型」「ワークライフバランス型」「ワーク重視型」の3つから選べる人事制度や6年以内で復職可能な「育自分休暇」などのことだと思いますが、根本にある考え方は従業員の多様性を許容することです。

大槻氏 会社としては従業員が別にオフィスで仕事をしなくても良いというレベルまで多様性を許容しています。しかし、実は今年本社の移転を計画していまして(笑)。ですので移転先ではチームワークの会社らしく、わざわざオフィスに来る動機や意義付けが必要だと思っています。

--ITツールについても自由度が高そうですがその点はいかがですか。

野水氏 ノートPCなどの端末はいくつかの候補から選べて、スマートフォンのBYODも可能です。しかし、社外持ち出しのPCなどは厳しく制限しています。絞るところは絞り、自由なところは自由とメリハリを付けていますね。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算