編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
デジタルバリューシフト

ポイントは非同期、多様な価値観と協調性を重視--サイボウズのワークスタイル - (page 3)

林大介

2015-03-09 07:00

サイボウズとデジタルテクノロジ

--サイボウズにとっての「デジタル」とは何でしょうか。ちょうど思いついたのが、例の「ワーキングママ向け動画」なのですが、まさにデジタル時代のプロモーション戦略という感じです。

大槻氏 おかげさまで(動画再生数が75万回を突破するなど)大きな反響を呼ぶことができましたが、同時にさまざまな意見も頂きました。元々は、育児に積極的なイクメンではない、ワーキングパパ向けのメッセージのつもりだったのですが、この問題に先進的に取り組んでいる方々から「具体的な解決策を示せ」となどの意見を頂きました。

佐藤氏 あえて答えを出さないというメッセージだったんですね。サイボウズが全ての課題を解決できるとは思っていないし、世の中の制度が充実すれば解決するというものでもない。一番大切なのは、まず気持ちが寄り添うことができているでしょうか、という意図でした。

--この動画はSNSなどでも賛否両論で、高い広告効果があったのではないかと思います。

野水氏 やはりデジタルの良いところは、「非同期化」しやすいという点だと思います。この動画もたくさんの人に見て頂きましたが、同時に見てもらったわけではありません。その点がテレビCMなどとは大きく異なる点ですね。

大槻氏 「こんな動画あるんだけど見てよ」という広がりが生まれるのはデジタルならではですよね。


サイボウズ 野水克也氏

野水氏 ワークスタイルも同じで、全員が同じ時間に作業する時代ではなくなっていくのではないかと思います。さまざまなことが並行して非同期に処理される、大きな意味で言えば、ワークフロー全体がデジタル化されているイメージですね。今よりももっと、高次元に仕事の流れが電子化されていくと思います。

--ちょうど未来志向の話になってきたのですが、皆さんの2020年の野望はありますか。

大槻氏 企業内を飛び越えて、企業間・企業外にチームワークを生み出すプラットフォーム作りにトライしたいですね。

佐藤氏 “企業ごと”地方にIターンするということを可能にしたいです。地方都市や過疎村の活性化につながればと。あと、せっかくなので、オリンピックの何かには関わっていたいです。

野水氏 日本中のコミュニケーションコストを削減して、そのノウハウを海外に売りたいです。企業間のコミュニケーション障壁も低くなっていくだろうし、地域や国同士のコミュニケーションを支えるインフラを作りたいです。どこまで行っても「チームワーク」の会社なので。

----デジタルテクノロジを駆使して、究極のチームワーク提供企業を目指されるというわけですね。力強い野望が聞けました。ありがとうございました。

一同 ありがとうございました。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
サイボウズ
BYOD
2020年のIT

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]