編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

「Office for Mac 2016」、パブリックプレビュー版が公開--Retinaを完全サポート

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-03-06 08:13

 Microsoftは米国時間3月5日、「Office for Mac 2016」の初めてのパブリックプレビュー版を公開した。同製品は「Office for Mac 2011」が2011年にリリースされて以来5年ぶりの刷新となる。

 Microsoftは既に、Mac向けの「OneNote」と「Outlook」を限定プレビューとして提供してきた。これら2つのアプリケーションのプレビュー版もアップデートされ、このたび公開された「Word 2016」「Excel 2016」「PowerPoint 2016」の初のパブリックプレビュー版とともにリリースされている。これらは「Mac OS 10.10」(「Yosemite」)を使用するすべてのユーザーを対象にしている。

 Office for Mac 2016のプレビュー版は、MicrosoftのOffice.comのプレビューサイトからダウンロードできる。Office for Mac 2011とともに使用可能だ。

 「Office」製品マーケティング担当ディレクターを務めるEric Wilfrid氏によると、新版は「Mac OS X」向けに構築されたスイートとしての雰囲気を損なうことなく、外観と使用性を「Office for Windows」(やその他のOfficeスイート)に近づけることを目指しているという。

 今回アップデートされたMac向けスイートには新たにデザインされた「Ribbon」が含まれ、Office for WindowsのRibbonと同じように書式設定やコントロールができるようになっている。Mac版は、Retinaディスプレイを完全にサポートし、また、「クラウド接続」できるように構築されているため、「OneDrive」「OneDrive for Business」「SharePoint」「Office 365」とスムーズに連携する。

 Office for Macにサインインすれば、自分が所有するすべてのOffice搭載端末からファイルにアクセスできるため、「Office for Android」で作成を開始したドキュメントに、Office for Mac 2016からアクセスし、「Office for iPad」で仕上げるといった作業を、常に最新版のドキュメントにアクセスしながら行える。

 新しいMac向けWord 2016には、コメントをスレッド形式で表示する機能が追加されている。Excelでは、Office for Windowsと同じキーボードショートカットがサポートされている。Mac向けPowerPoint 2016では、「iOS」向けPowerPointで提供されているのと同じプレゼンタービューが追加されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]