レッドハット、「RHEL Atomic Host」をリリース--「Docker」コンテナに最適化

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-03-06 12:46

 Red Hatは米国時間3月5日、「Red Hat Enterprise Linux 7 Atomic Host」(RHELAH)をリリースした。自社OSとコンテナのセットを法人市場に提供していく。

 RHELAHは、セキュアで信頼性の高いコンテナアプリケーションを、オープンハイブリッドクラウドをまたがって実行させるために作り上げられた専用のコンテナホストだ。RHELAHによって、「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)6」や「RHEL 7」向けに開発されたアプリケーションをコンテナの形式に容易にパッケージ化、実行するために必要となるすべてのコンポーネントが提供される。

 Red Hatは、自社のLinuxディストリビューションとコンテナを融合させた最初の企業というわけではない。2014年半ばに「CoreOS」で初めてこのアプローチが採用され、同年末にはCanonicalが「Ubuntu Core」で後に続いている。ただ、Canonicalはデータセンターからクラウド、そしてモノのインターネット(IoT)に至るまでのすべてをこのアプローチで網羅しようとしている一方、Red HatはCoreOSと同様にサーバとクラウドに焦点を当てている。

 RHELAHは現時点では、RHELのサブスクリプション契約者のみに提供されている。しかし、「CentOS」や「Fedora」、RHEL向けの「Project Atomic」のコンテナコードは無償で利用可能だ。


提供:Red Hat

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]