編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

リテール金融におけるITの戦略的活用 - (page 2)

A.T. カーニー論考 安茂 義洋

2015-03-16 06:00

直近5年で勢力図が塗り替わった米PFM

 先進ITの顧客接点へのインパクトについては、米国のPFM(パーソナルフィナンシャルマネジメント)の歴史に学ぶことが多い。PFMは、他社を含む複数の銀行、カード会社などの口座データを収集して、一元的に管理し、分析をサポートするものだ。パソコンソフトとして1990年代から存在したが、当時はあまり流行らなかった。しかしスマートフォンの普及を背景に、近年になって急速に利用者が拡大してきた。

 創生期においては、シティバンクやバンク・オブ・アメリカなどの大手金融機関が、顧客囲い込みのツールとしてPFMサービスを提供していた。2008年時点のナンバーワンプレイヤーはバンク・オブ・アメリカで利用者は250万人だった (*1)。

 しかし今日、市場に最も受け入れられているのは金融機関のサービスではなく、mintという2005年に創業したベンチャー企業である(2009年にIntuitが買収)。mintは2008年時点では18万会員しかなかったが、2013年には1200万以上の会員をもつ急成長を遂げた(*2)。つまり、2008年から2013年までの5年間に、PFM提供者の勢力図に大きな変化があったのだ。


スマートフォンへの対応で差がつく

 形勢が逆転した主原因は、スマートフォンを取り入れて、顧客の利用プロセスをリッチにしたmintに対し、バンク・オブ・アメリカは旧態依然とした機能を提供し続けたことにある。

 複数口座のデータが一元管理できるという点では、両者の機能は同等だ。データ収集のシステム機能については、mintもバンク・オブ・アメリカも、YodleeやIntuitというアウトソーサーに委託している(*3)。アウトソーサーは、利用者のID・パスワードを管理して、各金融機関から口座データを集めてくるシステムを運営している。mintとバンク・オブ・アメリカは、アウトソーサーが集めた口座データを、顧客に見せるフロント部分のみを運営しているのだ。

 mintのユーザーインターフェースは秀逸だ。スマートフォンの簡易かつリッチな画面で何時でもすぐに利用できる(家でPCを立ち上げる必要がない)。mintのスマートフォン・アプリの市場評価は高く、一方で、バンク・オブ・アメリカは、いまだにスマートフォンのPFMサービスを提供していない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]