編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

円安のゆくえ

ZDNet Japan Staff

2015-03-11 11:02

 米国で早期利上げ懸念が強まったことを背景に、11日の東京市場では一時1ドル122円まで円安が進んだ。日経平均は、円安を好感して一時133円高となったが、大引けは125円安と売られた。しばらく調整局面と見られている。

 今日は、楽天証券経済研究所のチーフストラテジスト窪田真之氏が、為替の見方について解説する。

為替を動かすマネーの種類

 窪田氏は、これ以上の円安はあまり進まないと予想しているという。その背景を説明しよう。

 まず、為替変動要因の基礎知識からおさらいしよう。ドル円為替レートを動かすマネーには、以下の3種類がある。

(1)短期投資マネーの動き

 日米短期金利差、日米金融政策の方向性の差、その他各種材料に反応して動く。

(2)長期投資マネー(証券投資、M&A、直接投資)の動き

 日米長期金利差(債券投資に影響)、日米企業業績のモメンタム差(株式投資に影響)、M&A(日本企業の海外企業買収、海外企業の日本企業買収)、海外直接投資などに対応して動く。

(3)貿易・サービス収支によるお金の流れほか

 為替レート変動を決めるのに一番影響が大きいのは、(1)短期マネーの動きだ。ついで、(2)長期投資マネーの動きも大きく影響する。(3)貿易やサービス収支が為替を動かすことはほとんどない。貿易による資金移動よりも、短、長期の投資マネーの動きの方が、規模もスピードも大きいからだ。

 ただし、貿易収支の変動を、短期マネーが材料とする時には、貿易収支が為替に影響する。

アベノミクス開始後は日米金融政策の差が円安要因に

 アベノミクス開始以来、大幅な円安が進んだ要因は「金融政策の方向性の違い」で説明できる。

ドル円為替レート:2012年12月30日~2015年3月10日


 現在、日米両国とも実質ゼロ金利政策をとっているので、短期金利差はない。今、為替市場で見られているのは、量的金融政策の方向性だ。米国は2014年1月からQE3(量的金融緩和第3弾)の縮小を開始し、10月に量的緩和を終了した。一方、日本は、2013年4月に量的緩和を開始し、2014年10月に追加緩和を実施した。この差が、ドル高(円安)要因として効いてきた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]