編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」
セキュリティの論点

Linuxに潜む脆弱性「GHOST」とは何だったのか - (page 2)

中山貴禎(ネットエージェント)

2015-03-14 07:00

GHOSTとは何か

 今回のGHOSTについてですが、glibcの関数である「gethostbyname()」「gethostbyname2()」を呼び出すことで引き起こされるバッファーオーバーフローの脆弱性です。

 より具体的には、このgethostbynameシリーズの関数から呼び出される「__nss_hostname_digits_dots()」という関数にという関数にメモリ中のヒープ領域で発生する“ヒープバッファオーバーフロー”の脆弱性があって、特殊なホスト名を渡すと、ホスト名末尾数バイトの情報が溢れてバッファ外の領域に書き込まれる可能性がある、というものです。

 ここで出てきた「ヒープ(領域)」というのは、メモリが必要になった際にアプリケーションやOSで動的に確保したり解放したりするメモリ(領域)のことです。ネットワークでデータを送受信する際などに動的に確保し、使い終わったら解放する一時領域で、「malloc()」関数でメモリを割り当て、「free()」関数で解放する、というのが標準的な方法です。

 ちなみに上の例で用いたスタックもプログラム中で一時的に使用するメモリであることには違いありませんが、こちらはプログラムが内部的にデータを保存しておく必要がある場合にコンパイラやOSが割り当てる領域で、アプリケーションでは自由に操作できません。

 本題に戻ります。この脆弱性は、glibc-2.2(2000年11月リリース)からglibc-2.17(2012年12月25日リリース)までのバージョンが影響を受けます。ちょっと分かりにくいので補足しますが、glibcは1.00から1.01、1.02…1.09、その次が2.0で、2.1、2.2、2.3…2.9、2.10、2.11、2.12…2.19、2.20(2014年9月7日)という変遷でバージョンアップしていますので、glibc2.2はかなり古いバージョンになります。

 この情報からも分かるのですが、実はこの脆弱性の修正は、既に2013年5月21日にはパッチが公開されており、glibc-2.18(2013年8月12日リリース)では修正済みのモノでした。しかし、当時この修正がセキュリティ上の問題を修正したものであるという認識ではなかったために、このパッチが適用された2.18以降(最新)のglibcがインストールされていないLinuxディストリビューションが存在します。個々のLinuxディストリビューションそれぞれに関する影響の有無、修正バージョンなどの詳細については、各ベンダーから提供されている情報を確認して下さい。

 また、Linuxディストリビューション以外にも、この脆弱性の影響を受ける製品、ソフトウェアが存在します。gethostbynameの引数を外部から制御できるアプリケーション、メールサーバのEximやサーバサイド・スクリプト言語のPHPなどがそれに該当します。

 なお、Qualysは確認用のプログラムソースなどを含む本件アドバイザリーも公開しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]