編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

外国人投資家が日本株を買う理由

ZDNet Japan Staff

2015-03-19 10:57

 3月18日の日経平均は107円高の1万9544円だった。業務、資本提携を発表した任天堂(7974)とDeNA(2432)の急騰が話題になった。両社とも株価が前日比21.3%上昇してストップ高(買い気配)で引けた。

 最近、任天堂、ファナック(6954)、ソニー(6758)など、時価総額が極めて大きい株に突然急騰する例が増えている。このように時価総額の大きい株を急騰させる買い方は、外国人投資家と手口と推定される。

 楽天証券経済研究所のチーフストラテジスト窪田真之氏は、日本株の保有が少なく、日本株を「持たざるリスク」を意識した外国人投資家が、急いで日本株の組入比率を引き上げている模様だと話す。

負けを縮小するために買う外国人

 日本は「少子高齢化が進む国」であることを外国人投資家は、知っている。これまで多くの外国人投資家は、日本株をアンダーウエイト(基準組入比率より低い組入比率とすること)し、代わりに経済成長率の高い中国、インド、ブラジル、東南アジアなど人口増加率の高い国々をオーバーウエイトしてきた。

 ところが、近年、成長率の高かった新興国の停滞が鮮明になってきた。中でもブラジルやロシアなど資源国は、資源急落で大きなダメージを受けている。そのような中で、資源急落と円安で大きなメリットを受ける日本の景気が回復色を強めてきた。

 2015年に入ってからは、ドル建てパフォーマンスで比較すると、日経平均のパフォーマンスが世界各国と比較して目立って高くなっている。日本を低く評価し、日本株の組み入れを低くしていたグローバル投資家は、日本株のアンダーウエイトによって、ベンチマーク(基準ポートフォリオ)に対して負けが拡大するのを防ぐために、日本株を買っている面もあると考えられる。

2003~2005年と類似する相場展開

 2013~2015年の日本株は、ちょうど10年前の2003~2005年の動きと似ている。2005年は、外国人投資家が日本株を積極的に買った結果、日経平均がNYダウを大きく上回るパフォーマンスとなった。2015年も同様にNYダウを凌駕するパフォーマンスになる可能性が高いと予想される。

日経平均とNYダウの動き比較:2013年1月~2015年3月13日


(出所:2012年末を100として指数化、楽天証券経済研究所が作成)

日経平均とNYダウの動き比較:2003年4月21日~2005年12月31日


(出所:2003年4月21日を100として指数化、楽天証券経済研究所が作成)

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]