編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

アシスト、ETLツール「Syncsort DMExpress」新版--QlikViewファイルを生成

NO BUDGET

2015-03-24 17:12

 アシストは高速ETLツールの新版「Syncsort DMExpress 7.16」(Syncsort開発)を3月19日から提供している。税別価格は147万8400円から。

 新版では、アシストが取り扱う連想型高速インメモリビジネスインテリジェンス(BI)プラットフォーム「QlikView」「Qlik Sense」(Qlik Technologies開発)から接続できるデータソースの1つである「QlikView Data Exchange(QVX)」ファイルの生成機能が追加された。

 DMExpressでさまざまなデータソースからデータを抽出し、分析に最適なデータ加工処理を実施したQVXファイルを生成することでQlikViewとQlik Senseに取り込む際のデータロードが高速化されるという。ETL処理との親和性が高まることでQlik製品の特長であるインメモリ技術を生かしながら、大容量データであっても高速に動作する分析環境が実現できるという。

 DMExpressは、独自の高速アルゴリズムと並列処理でCPUやメモリなどのリソースを最大限有効活用しながら大容量データのソート、マッチング、集計処理などを高速で実行できるという。メインフレーム環境からのダウンサイジング時に課題となる高速性と安定性を確保し、コモディティなオープン環境でもメインフレームと同等以上の性能があると説明する。

 テンプレート方式のシンプルなGUIで初心者でも短期間に習得して複雑なETL処理も効率よく開発可能なツールとして活用され、通信や金融、公共業界をはじめ広く利用されているという。アシストでは2800ライセンス380社以上の導入実績があると説明。無償で試せるトライアルキットのダウンロードサービスも提供している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]