編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

KDDI、システムログ分析基盤を刷新--Hadoopの生データを統合的に分析

NO BUDGET

2015-03-20 13:40

 マクニカネットワークスは3月17日、分散並列処理プログラミングフレームワーク「Apache Hadoop」にあるデータを直接分析できるソフトウェア「Splunk Hunk」をKDDIに提供すると発表した。Splunkによると、Hunkのアジア太平洋地域での提供は初になる。

 大規模分散処理基盤としてHadoopを導入する企業も増えてきているが、データの分析フェーズでは、手間や開発コストの観点で改善が必要とされており、データがあっても有効活用できていないことが課題となっている。

 Hunkは、各システムログを統合的に分析し、柔軟に検索、可視化できるという。あらゆるユーザーにHadoop内の生データに直接アクセスさせ、ウェブブラウザによる直感的かつ容易な操作と自由自在な検索で作業の効率化、迅速化を実現するほか、分析結果のアラートやレポート、ダッシュボードなど分析をサポートする機能を提供する。

 サービスの安定稼働を目指すKDDIはこれまで、Hadoopと複数ツールで大量のシステムログを分析していた。Hunkの導入でKDDIはさまざまな角度から自由にシステムログを分析でき、また共通のプラットフォームを利用することで属人性の排除や大量データの可視化、分析にかかっていた工数を削減できると説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]