編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

景気回復を織り込みつつ上昇する日本株

ZDNet Japan Staff

2015-03-23 10:44

 3月16日週の日経平均は、1週間で305円上昇して、1万9560円まで上昇した。日本株の保有が少なく、日本株を「持たざるリスク」を感じた外国人機関投資家による買いが続いている模様だ。

 楽天証券経済研究所のチーフストラテジスト窪田真之氏は、3月23日週も外国人投資家の買いによって、日経平均は堅調に推移すると見ている。

景気回復を織り込みつつ上昇する日本株


 2013年に回復を始めた日本の景気は、2014年に失速、短期景気後退に陥った。ただし、2015年にかけて再び景気回復色が強まりつつある。これを反映し、2013~2014年前半に横這いで推移していた日経平均は、再び上昇トレンドに入りつつある。

外国人投資家が日本株を買う理由

(1)「資源急落でメリットを受ける国」であることを評価

 グローバル運用を行う海外ファンドは、資源急落でメリットを受ける国(日本・アメリカ・中国・インドなど)の保有を増やし、資源急落でマイナスの影響を受ける国(ブラジル・ロシア・カナダ・オーストラシアなど)の保有を減らす、ポートフォリオをリバランス(調整)していると考えられる。資源安メリット国としての「日本株」には買いが入ってきている。

(2)ROE(自己資本利益率)重視経営の広がりや株主還元の強化を評価

 株主還元にあまり積極的でないと見られてきた日本企業に、ROE重視経営、増配、自社株買いが増えてきたことが評価されている。増配や自社株買い、株主との対話に消極的だったファナック(6954)が株主還元やIRに積極姿勢を見せ始めたことが、象徴的出来事と捉えられた。

(3)賃上げ機運が高まるなど日本に景気回復の兆しが広がりつつあることを評価

 連合がまとめた春闘(春季労使交渉)の第1回集計では、定期昇給とベアを合わせた賃上げ率は2.43%となり、2001年以降で最も高い伸びとなった。今年は消費税の引き上げがないので、実質賃金がプラスとなりそうだ。ガソリン価格急落の恩恵、株高効果もあり、今年は日本の消費も持ち直しそうだ。

(4)対ドルで円安が進みにくくなってきたことを評価

 原油急落で世界的な低インフレ・低金利化の流れに拍車がかかる中、ドル高(円安)が進みにくくなってきた。原油急落で日本の貿易赤字が急減していることも、心理的に円安を進みにくくしている。

 2015年に入ってから円安が進まない中で日経平均が上昇するようになり、外国人(ドル資産の運用者)が重視するドル建て日経平均の上昇率が高くなってきたことが、日本株への外国人の投資意欲を高めている。

ドル建て日経平均の動き:2013年1月~2015年3月20日


 2014年後半は日経平均が上昇しても、円安が進むため、ドル建て日経平均は上昇しなかった。ところが、2015年に入り、円安が進まない中で日経平均が上昇するようになったため、ドル建て日経平均の上昇率が高くなっている。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]