編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

IIJ、SAP HANAをクラウドで提供へ

NO BUDGET

2015-03-26 06:00

 IIJは3月25日、SAPのインメモリデータベース「SAP HANA」をIIJのクラウド上で利用できるサービス「IIJ GIO コンポーネントサービス データベースアドオン インメモリプラットフォーム for SAP HANA」の提供を4月1日から開始すると発表した。

 提供価格は初期費用が55万4000円から、月額費用が27万7000円から(税別、OSライセンス費用は月額料金に含む。最低利用期間12カ月)。

 IIJは2014年7月から、トライアル環境として「IIJ GIO for SAPソリューション PoC for SAP HANA」を提供している。今回のサービスは、本番環境を含む全てのシステムランドスケープ(開発・検証・本番システム用途)で利用できるよう機能拡張したもの。

 なお、本サービスの利用には、VMware上のOSやアプリケーションをそのままクラウドで利用することができるIIJのサービス「IIJ GIOコンポーネントサービス 仮想化プラットフォーム VWシリーズ」の契約と、ユーザー自身によるHANAライセンスの準備が必要となる。


利用イメージ

 本サービスの特徴は以下の通り。

アセットレスでSAP HANA環境を利用可能

 IIJ GIOクラウド上にあるHANAアプライアンスをユーザー専用に割り当て、月額料金にて提供。OSとHANAソフトウェアを導入し、ハードウェアの監視、運用を合わせて月額料金で提供。

最大搭載メモリ2TB/CPU60コアまでの拡張性

 提供するグレードとして、搭載メモリ256GB/CPU30コアのモデルから、搭載メモリ2TB/CPU60コアのモデルまで4つのラインアップを用意。開発環境から大規模な本番環境まで適用可能。

最新のSAP S/4HANAに対応

 SAP Business Suite powered by HANAに加えて、リアルタイム性とユーザビリティにおいて大きな改善が行われた第4世代のSAPソフトウェア「SAP Business Suite 4 SAP HANA(S/4HANA)」に対応。また、「IIJ GIOコンポーネントサービス 仮想化プラットフォーム VWシリーズ」と連携することで、HANAと連携するさまざまなアプリケーションでの利用が可能となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]