編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

「LibreOffice」オンライン版、開発プロジェクトがついに本格化

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-03-26 13:03

 オープンソースのオフィススイート「LibreOffice」のオンライン版である「LibreOffice Online」(LOOL)の開発プロジェクトについて、詳細が発表された。

 LOOLの特長は以下のようになる予定だ。

  • デスクトップ版のLibreOfficeとLOOLの間で100%のドキュメント互換性を提供。
  • 複数のユーザーによる、複数のカーソルを用いた共同編集が可能。
  • 「Write」や「Calc」「Impress」がサポートしているファイル形式をすべてサポート。
  • 基本的なHTML5ユーザーインターフェースを当初から搭載。

 このプロジェクト自体は、現在LibreOfficeの開発を推進している「The Document Foundation」が推進する。また、Collaboraの最新LibreOfficeプロジェクトである「LibreOffice for Android」と同時に進められることになる。

 とはいえ、LOOLはLinuxサーバ上で動作するプログラムとしてリリースされる。またLOOLは、オープンソースのグループウェア開発企業であるIceWarpの「IceWarp Server」が持つ軽量ドキュメント管理機能上でも構築される。このアプローチの利点は、「Google Docs」や「Office 365」とは異なり、企業が自らのドキュメントを、サードパーティーを信頼して託さなくとも、自らのサーバ上で管理できるようになるところにある。

 LOOLはHTML5インターフェースを採用しているため、最近のウェブブラウザであればどのようなものでも使用できる。なお、LOOLを実行するにはJavaScriptを有効にしておく必要もある。

 LOOLの最初のリリースは2016年の初めになる予定だ。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]