編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「LibreOffice」オンライン版、開発プロジェクトがついに本格化

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-03-26 13:03

 オープンソースのオフィススイート「LibreOffice」のオンライン版である「LibreOffice Online」(LOOL)の開発プロジェクトについて、詳細が発表された。

 LOOLの特長は以下のようになる予定だ。

  • デスクトップ版のLibreOfficeとLOOLの間で100%のドキュメント互換性を提供。
  • 複数のユーザーによる、複数のカーソルを用いた共同編集が可能。
  • 「Write」や「Calc」「Impress」がサポートしているファイル形式をすべてサポート。
  • 基本的なHTML5ユーザーインターフェースを当初から搭載。

 このプロジェクト自体は、現在LibreOfficeの開発を推進している「The Document Foundation」が推進する。また、Collaboraの最新LibreOfficeプロジェクトである「LibreOffice for Android」と同時に進められることになる。

 とはいえ、LOOLはLinuxサーバ上で動作するプログラムとしてリリースされる。またLOOLは、オープンソースのグループウェア開発企業であるIceWarpの「IceWarp Server」が持つ軽量ドキュメント管理機能上でも構築される。このアプローチの利点は、「Google Docs」や「Office 365」とは異なり、企業が自らのドキュメントを、サードパーティーを信頼して託さなくとも、自らのサーバ上で管理できるようになるところにある。

 LOOLはHTML5インターフェースを採用しているため、最近のウェブブラウザであればどのようなものでも使用できる。なお、LOOLを実行するにはJavaScriptを有効にしておく必要もある。

 LOOLの最初のリリースは2016年の初めになる予定だ。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]