編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、2015年版「Dynamics CRM」製品ロードマップを発表

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-03-27 10:36

 Microsoftは、2015年の第2四半期と第4四半期にリリースする「Dynamics CRM」とその関連製品のアップデートについて、さまざまな情報を公表している。

 Microsoftは先ごろ開催した同社のCovergenceカンファレンスで、最新のリリース時期とコードネームが入ったロードマップを発表した。フィンランドのDigital Illustratedのコンサルタント、Jukka Niiranen氏によるブログ記事には、今後リリース予定の製品アップデートが整理された、以下のスライドが含まれている。


 Microsoftが2014年に公開した情報では、2015年の第2四半期には以下のアップデートが提供される予定だった。

  • 「Dynamics CRM」の「Carina」(開発コード名。りゅうこつ座の意)
  • 「Social Listening」の「Corvus」(からす座)
  • 「Dynamics Marketing」の「Spica」(スピカ)
  • 「Parature」の「Taurus」(牡牛座)

 (Dynamics CRMチームの天体にちなんだコードネームのシリーズはまだ続いている)

 最新のロードマップによれば、2015年第2四半期にリリースされるものは次の通りだ。

  • Dynamics CRMの「Carina」
  • Social Listeningの「Hydra」(うみへび座)
  • Dynamics Marketingの「Spica」
  • Paratureの「Atria」(アトリア、みなみのさんかく座のアルファ星)

 Social Listingの「Corvus」は、2015年第4四半期リリースに変わっている。Paratureの「Taurus」はまったく言及されていない。第4四半期にリリースされるほかのアップデートには、Dynamics CRMの「Ara」(さいだん座)、Dynamics Marketingの「Capella」(カペラ)、Paratureの「Hercules」(ヘルクレス座)がある。

 Niiranen氏のブログ記事によれば、Carinaはオンラインのみでのアップデートになるようだ。

 Carinaでは、Dynamics CRMと「Office 365」がより緊密に統合される。より没入感の高い「Excel」体験が用意され、「OneNote」や「Exchenge」の統合も進められるという。

 ソーシャル面では、マーケティング、販売、サービスの各チームがソーシャルトピックを監視し、ソーシャルに関与するためのセンター機能が設けられる。分析機能には、テキストマイニング、クラウド視覚化、ソーシャルアクティビティマップなどが追加される。また、ナレッジマネジメントのための、ParatureとDynamics CRMの統合が行われるという。

 C5 Insightブログによれば、Microsoftは2015年第4四半期のリリース向けの新機能も数多く発表している。これには、オフラインでのモバイル利用、予測解析機能、「OneDrive」の統合、「Delve」および「Office Graph」の統合などが含まれている。

 Microsoftはまた、Fusion Softwareから知的財産を買収したこともCovergenceで発表した。具体的には「Mojo Surveys」で、これはDynamics CRM内からアンケート調査フォームを作成してデータ収集プロセスを自動化するというもの。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]