グーグル、「Safe Browsing API」に詐欺的ソフトウェアの情報を追加

Charlie Osborne (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2015-03-27 11:32

 Googleが、Webユーザーを悪意あるソフトウェアから守る「Safe Browsing API」の取り組みを続けている。同社はこのほど、詐欺的なソフトウェアに関する情報を同APIに追加した。

 Safe Browsingは、悪意あるプログラム、フィッシング、安全ではないサイト、マルウェアなどからユーザーを保護することを目的とした機能だ。「Chrome」では、ユーザーを「欺く」ようなソフトウェアをダウンロードしようとした場合に警告を表示する。2月、Googleはこれをさらに拡大し、悪意あるソフトウェアのダウンロードを奨励するWebサイトの訪問についても警告するようになった。


訪れようとしているページに不正なプログラムが含まれていることを警告するメッセージ

 Safe Browsingは、Googleが持つフィッシング、マルウェア、詐欺的なソフトウェアのページリストに、WebサイトのURLを照らし合わせることで機能する。Googleはユーザーが望まないソフトウェアの定義を、「便利なダウンロードに見せかけた詐欺的なソフトウェアで、ユーザーが望まない変更をコンピューターに行うことでユーザーのWeb体験を害するもの」としており、このリストを継続的に更新している。

 さらに、マルウェアに感染したページに誘導するリンクのクリックに対しても警告するほか、悪意あるリンクを自分のWebサイトに投稿することも防止してくれる。

 米国時間3月24日付のブログ記事で、GoogleのSafe Browsing Program担当マネージャーのEmily Schechter氏はSafe Browsing技術がGoogleのさまざまな製品で利用されていると述べた。これにはChromeのほか、「Google Analytics」も含まれる。そして、同APIは「Firefox」など他のブラウザにも組み込まれていると記している。

 Googleによると、Safe Browsing APIは11億人以上のユーザーの保護に役立っているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]