編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

原油急落直後につき関連株に積極投資はできない

ZDNet Japan Staff

2015-03-31 10:37

 3月30日の日経平均は、125円高の1万9411円だった。朝の9時14分に184円安まで下がったが、すぐに切り返してプラスで引けた。下がったところでは買いたい投資家が多いと感じさせる展開だった。

 今日は、原油関連株への投資の考え方について、楽天証券経済研究所のチーフストラテジスト窪田真之氏が解説する。

原油急落直後につき関連株に積極投資はできない

 原油やシェールガスなどの権益を高値で買った企業には、資源権益の減損が必要になる可能性がある。住友商事(8053)は、シェールガス権益などに減損が発生し、2015年3月期に850億円の純損失を計上する見込みだ。

 石油精製業では、高値で買った原油在庫に在庫評価損が発生する。JX HLDG(5020)は、在庫評価損などの影響で2015年3月期は3200億円の純損失を計上する見込みだ。

 たとえ減損や在庫評価損が発生しない場合でも、原油やガス事業の収益の見通しは良くない。市況下落によって今後、利益が減る可能性が高まった。

 また、資源開発に関連するビジネスにも悪影響が及ぶ。鉱山機械やシームレス鋼管、LNGプラントの建設などに悪影響が及ぶ可能性がある。エネルギービジネス全般に逆風が吹いている。

配当利回りなど株価指標でみて割安と考えられる銘柄は多い

 原油関連株の多くは、原油下落を受けて、昨年来の株価が不振だった。配当利回りやPER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)などの株価指標で見て、割安になっているものが多くなっている。原油下落に伴う今後の利益悪化を株価がかなり織り込んでいるともいえる。

 今後、原油価格が世界的に反発すれば、こうした銘柄の株価も上昇する可能性がある。現時点で、すぐに原油価格が本格的に反発すると見越すことはできないが、それでも窪田氏は、現在1バレル50ドル前後にあるWTI原油先物(期近)は、年後半に60~70ドルに反発すると予想しており、原油関連株にも一部、分散投資していいと考えているという。

参考:原油関連株


(注:楽天証券経済研究所が作成)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]