日本IBM、モバイルアプリのテスト自動化センター開設--性能なども確認

NO BUDGET

2015-03-31 18:24

 日本IBMは3月30日、モバイルアプリの開発や運用のテストを自動化するための「IBMモバイル・テスト・センター」を4月2日に開設すると発表した。利用料金は対象アプリの特性やデバイス数などに応じた個別見積もりで、初回は税別120万円程度、2回目以降は半額程度となる見込み。

 センターは幕張事業所内に設けられ、機能テストの自動実行に加え、セキュリティやパフォーマンス、ユーザビリティといった非機能要件もテストする。モバイルデバイス管理(MDM)のシステム構築も支援する。テスト期間は通常2~3週間程度を想定しているが、条件が整えば最短1.5日程度で実施できる場合もあるという。

 IBMの「Rational Test Workbench Eclipse Client」「Rational Quality Manager」「Rational Team Concert」に加えて、Perfecto Mobileが提供するソフトウェア「Perfecto Mobile」を利用してテストを自動化し、短期間かつ低コストでテストを実現できるという。

 IBMのソフトウェア「Security AppScan Source」を利用して開発の初期段階からセキュリティの脆弱性を検証できるため、より強固なセキュリティをテストできると説明。ソフトウェア「IBM MaaS360」でMDMの構築を支援し、モバイルアプリの迅速な配布やデバイスの運用負荷の軽減を支援するとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]