編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Amazon EC2でテラバイト級のデータを扱うための新インスタンス「D2」が利用可能に

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-04-01 10:18

 Amazonは、「Amazon Web Services」クラウドで大量のデータを扱うワークロードを実行しようとする企業ユーザー向けに、新たなクラウドストレージインスタンスの提供を始める。

 具体的には、Amazonの「Elastic Compute Cloud」(EC2)でテラバイト単位のデータセットを処理するためのインスタンス「D2」が新たに提供される。

 AWSのチーフエバンジェリストであるJeff Barr氏は、米国時間3月31日のブログ記事で、この新たなインスタンスを「完全なストレージシステムを構築するのに使用できる構成要素」と説明している。

 D2はIntel Xeon E5-2676 v3 (Haswell) を搭載して実行される。4つのインスタンスサイズが用意されており、ベースクロックは2.4GHzで、最安料金は6テラバイトのストレージで0.69ドルとなっている。

 Barr氏によれば、最大のD2インスタンスでは、最大48テラバイトのストレージを扱うことができ、最新バージョンのAmazon Linux AMIのイメージで実行された場合、読み込み毎秒3500Mバイト、書き込み毎秒3100Mバイトの処理能力を持つという。

 D2のインスタンスは、Amazonの米国東部(バージニア北部)、米国西部(オレゴン)、欧州(アイルランド)、欧州(フランクフルト)、アジアパシフィック(東京)、アジアパシフィック(シンガポール)、アジアパシフィック(シドニー)の各リージョンで、すでに利用可能になっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]