編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

IBMがIoT部門を設立--The Weather Companyとの提携も発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-04-01 11:11

 IBMは米国時間3月31日、モノのインターネットに特化したIoT(Internet of Things)事業部門を立ち上げることを発表した。今後4年で30億ドルを投資するという。

 IoT部門の立ち上げは、Smarter PlanetやSmarter Citiesなど既存のIoT分野の取り組みを事業部門化するものとなる。IoTをざっと説明すると、センサーがあらゆるものに組み込まれ、ネットワークに接続されてデータを生成するというものだ。このデータのフローを活用して、企業は業務を改善できる。

 IBMはIoT部門の設立にあたって、これまでと同じようなアプローチをとる。価値の高い成長分野をターゲットに資金を投じ、自社ハードウェア、ソフトウェア、コンサルタントを注ぐ。この点から見ると、IoT部門はIBMが過去に電子商取引、分析、クラウド、コグニティブコンピューティングでやってきたことに倣う形となる。

 この分野は競争が激しく、Cisco Systemsをはじめほぼ全ての技術企業がIoTをターゲットにしている。IBMはこれまで競合関係にあった企業に加えて、General Electric(GE)など新しい企業とも競合することになる。

 IBMは同日、The Weather Channelを所有するThe Weather CompanyのBtoB部門と提携したことも発表した。これにより、航空機、ドローン、建物、スマートフォンなどにあるセンサーを利用したマイクロ天気予報を配信するという。

 The Weather Companyは自社のデータサービスプラットフォームとしてIBMのクラウドプラットフォームを採用し、「Watson Analytics」などのIBMの分析ツールを統合する計画だ。同社はこれまでAmazon Web Services(AWS)のリファレンス顧客だった。IBMとの提携後もAWSを利用するのかどうかはわからない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]