編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

まずは日本を代表する優良株から投資すべし

ZDNet Japan Staff

2015-04-02 10:29

 4月1日の日経平均は、172円安の1万9034円だった。これまでの上昇ピッチが速すぎたので、利益確定売りが優勢だ。日本の景気・企業業績の回復色がこれから強まると考えていますので、日本株は買い場との考えは変わらない。

 買っていく銘柄のアイデアはいろいろあるが、楽天証券経済研究所のチーフストラテジスト窪田真之氏は、底値を探る段階では、まず日本を代表する優良株から投資していったらいいだろうと話す。

スピード調整が続く可能性

 窪田氏は、4月1日に始まる新年度(2016年3月期)に、15%の増益(金融を除く東証一部上場銘柄経常利益)を予想しており、増益を織り込み、今年12月末には日経平均は、2万1000円まで上昇すると予想しているという。

 ただし、短期的な懸念は、足元の株価上昇ピッチがし過ぎることだ。目先は、スピード調整となる可能性がある。

日経平均週足:2013年1月~2015年4月1日


ディフェンシブ株が下げる展開は先行きの期待を含む

 3月31日は日経平均は204円安、4月1日は172円安となった。この間の下げを主導しているのは、これまで値持ちの良かったディフェンシブ株だ。ディフェンシブ株とは、景気の影響を受けにくく、安定的に高収益を上げる株のことだ。

 具体的には、カルビー(2229)、キッコーマン(2801)、花王(4452)、武田薬品工業(4502)、オリエンタルランド(4661)、花王(4452)、ユニチャーム(8113)などの下落率が相対的に高くなった。

 同じ下げ相場でも、景気敏感株の下落率が大きい下げ相場と、ディフェンシブ株の下落率が大きい下げ相場では、今後の相場へのインプリケーション(示唆)が異なる。ディフェンシブ株の下げが大きい足元の調整は、先行き経済が回復することを考えながら、機関投資家が、日本株のポジションを調整していることをうかがわせる。

 窪田氏は、今後、景気敏感株中心に、日本株のリバウンドが見込めると予想しているという。

まずは大型優良株から投資

 日経平均が底値をつけたか、まだ分からないが、先行きの相場回復を見込み、日本株を買い増ししたい局面だ。まずは、以下の通り、優良株から投資してみたい。


(楽天証券経済研究所が作成)

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]