編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

アップルとIBM、ヘルスケアなど8本の企業向けアプリを追加

Kevin Tofel (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-04-02 10:42

 AppleとIBMが2014年に発表したエンタープライズ向けモバイルの提供が順調に拡大している。両社は同年12月に最初の「iOS」アプリ10本を発表しており、今回、新たに8本のiOSアプリを発表した。

 新しいソフトウェアはAppleのモバイルエンタープライズアプリのサイトに掲載されている。その中には、初のヘルスケア業界向けとなるアプリ4本や、製造装置管理の分野で最初のアプリもある。

 製造装置カテゴリで初となるアプリ「Rapid Handover」は、工場主任が情報を管理し、シフト制で入れ替わる作業員と共有できるというもの。安全上の問題について、写真や文書で記録することも可能だ。


Rapid Handover

 4種類のヘルスケアアプリは、看護師や主任看護師をターゲットにしたもので患者の管理を容易にするものだ。病院と訪問看護の両方で利用できる。

 その1つである「Home RN」は、患者の写真をその場でキャプチャし、離れた場所にいる医療チームに関連情報をプッシュするものだ。残りの3つは、スケジュール管理、患者の記録、「iBeacon」を利用してベッドやステーションを探すなど患者単位でのタスク管理などの機能を持つ。


Home RN

 小売業向けのアプリ「Order Commit」も登場した。購買担当者が財務目標や販売に関する重要な指標に、リモートでアクセスできるというもの。


Order Commit

 AppleとIBMの提携が発表された際、提携はこれまでのエンタープライズアプリにフォーカスしたものになるだろうと容易に想像できた。しかし、今回発表されたアプリから、両社はAppleのiPhoneやiPadを幅広い業界に提供することを狙っていることがわかる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]