編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

データディスカバリツール「SAP Lumira」に中小企業の部門向け--無料利用可

NO BUDGET

2015-04-02 18:20

 SAPジャパンは4月2日、データディスカバリツール「SAP Lumira Edgeエディション」の提供を開始した。中堅中小企業の組織や部門での利用を想定している。

 Lumiraは、エンドユーザー自身がセルフサービス方式でデータにアクセスし、容易に変換、可視化実行できるというソフトウェア。ローカル環境のデータや各種データベース上のデータを加工しながら、ドラッグ&ドロップでグラフやチャートを作成できる。

 Excelファイルとテキストファイルのみをデータソースとし、ローカル環境だけで利用する場合は、無料でダウンロードして利用できる。これまでのダウンロード数は65万回以上、さまざまな企業で導入が進んでいると説明している。

 Edgeでは、汎用的なプラットフォーム環境にも対応しており、従来よりも柔軟な導入アーキテクチャを組むことで、組織や部門での簡易的な利用でもデータの共有やユーザー管理機能を活用できると説明。一般的なウェブブラウザを使用して、部門内や同僚と魅力的なビジュアライゼーションを作成、閲覧、修正、共有できるようになるという。

 インストールも簡単であり、データの可視化をいち早く開始することで、魅力的なストーリーを伝えられるとしている。オンプレミス環境でも導入に必要な初期投資を低減し、あらゆる規模の企業でのデータの可視化や活用の向上を支援するという。

Lumira画面
Lumira画面(SAP提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]