編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

MS、「Skype for Business」を米国時間4月14日に提供開始へ

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-04-03 11:11

 3月半ばにパブリックプレビュー版を公開した「Skype for Business」について、Microsoftは2015年4月にクライアント、サーバ、サービスのリリースを行う計画を明らかにした。

 Microsoftの米国時間4月1日付けの公式ブログによると、Skype for Businessは「4月14日にOfficeの月例更新の一環としてLyncを更新する形でロールアウトされる」という。IT管理者がSkype for Businessのクライアントロールアウトを管理できるようにするとのことだ。

 「Office 365 ProPlus」「Office 365 Business Premium」「Office 2013」とともに「Lync Online」を利用する顧客は、LyncクライアントがSkype for Businessクライアントに変更となる。だが「Lync Server」を利用する顧客は継続して、「Lync UI」がデフォルトになるという。

 Microsoftの広報担当者によると、Skype for Businessクライアントは「5月末までにすべての顧客にロールアウトする」計画とのことだ。Microsoftはまた、5月末までに「Lync Online Service」を「Skype for Business Online」に自動アップデートするという。

 この広報担当者によると、「Skype for Business Server」は5月1日にMicrosoftのVolume Licensing Service Center(VLSC)よりダウンロード可能となるとのこと。3月にMicrosoftが述べていたように、「Office 16」のパブリックプレビューにはSkype for Businessクライアントプレビューが含まれている。

 LynnからSkype for Businessへの名称変更は大きなニュースだが、LyncクライアントにはUI、「Call Monitor」など新しい機能も含まれている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]