編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

ジュニパー、金融サービスやエネルギー業界向けに新たなスイッチ製品を発表

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-04-07 13:02

 米国時間4月6日に新しいスイッチやネットワーキングソリューションを発表したのはDellだけではない。Juniper Networksも新製品を発表した。Dellの新製品が中小企業に狙いを定めている一方、Juniperは「レイテンシに敏感な」環境に照準を合わせている。例えば、金融サービス分野やエネルギー産業分野など、実質的に常時データがやり取りされているインフラだ。

 Juniperの新たなアプリケーションアクセラレーション(AA)スイッチ「QFX5100-AA」と、パケットフローアクセラレータ(PFA)モジュール「QFX-PFA」は、Juniperや、エンタープライズ向けテクノロジを提供するその他の大手企業によるさまざまなテクノロジと連携する。

 それらには、Intelの「x86」アーキテクチャを搭載した高パフォーマンスCPUや、Broadcomのスイッチング用チップ、Maxeler Technologiesの特定アプリケーションプログラミング用のデータフロープログラミング環境などが含まれる。

 Juniper製品との統合に目を向けた場合、QFX5100-AAとQFX-PFAによって、自動化されたデータセンター管理を実現するための「Junos Space Network Director」や、高頻度でネットワークを監視する「Cloud Analytics Engine」、データセンター用スイッチ製品「QFX5100」で構築された基盤に対する新たな40Gイーサネットサポートへのアップグレードからの利点を生かせるようになる。

 これらの製品を連携させることで、ソーシャルメディアやマーケットデータのフィード、注文処理のルーティング、次のアクションに影響を与えるさまざまなビジネス分析といった、重要かつリアルタイムなプロセスを常時稼働させ続けるためのデータセンターアーキテクチャが実現できるようになる。

 このAAスイッチとPFAモジュールはともに7月に出荷開始の予定。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]