英Financial Timesの先進性支える独自クラウドインフラ--CTOが語る

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2015年04月15日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 特定の市場セグメントを理解しているベンダーが開発したオンデマンドツールは、「業界クラウド」サービスの主役だ。

 しかし、企業の要件について、そこで何年も働いている社員以上に精通している者などいない。

figure_1
提供:Shutterstock

 さらに、自社のニーズに合ったクラウドベースサービスを社内のチームで開発することは、かつてないほど簡単になっている。

 その作業が簡単になったのは、AmazonやGoogleといった大手プロバイダーが、クラウドベースのインフラストラクチャやサービスという形で、ビルディングブロックを大量に提供しているからだ。こうしたサービス間でのデータの展開や交換は、自動化によって簡素化されており、その自動化は、「Chef」や「Puppet」などのツールによって自動で構成と制御ができるAPIが実現している。

 英紙The Financial Times(FT)は自社のオンラインサイトのニーズに対応するため、「FT Platform」を開発した。同プラットフォームは、社内サーバとAmazon Web Services(AWS)の「Amazon Elastic Compute Cloud」(EC2)プラットフォームの両方で、仮想インフラストラクチャとその上で動くソフトウェアの展開と管理を自動化する。

 「今でもFT Platformを見て、『開発した甲斐があった。製品にはまだ不可能なことをできるようになったからだ』と話している」。FTの最高技術責任者(CTO)を務めるJohn O'Donovan氏はこのように述べた。

FTの最高技術責任者(CTO)を務めるJohn O
FTの最高技術責任者(CTO)John O'Donovan氏

 「メディア企業は非常に気まぐれなので、完ぺきなメディアソリューションを作ったと思っても、メディア企業に見せるとこう言われるかもしれない。『とても気に入ったが、今はこういう風にやりたい』。Amazonが非常に得意なのは、適切な部品をすべて組み合わせて、ツールキットを作ることだ」(O'Donovan氏)

 タブロイドによく取り上げられるKim Kardashianさんは、パブリッククラウドインフラストラクチャの構築と破壊がごく短期間で可能になることを証明した。Kardashianの臀部が写った写真が大きな人気を呼び、それが原因で「インターネットが壊れた」と言われたときのことだ(編集部注:Paper誌は11月、「Break The Internet」という試みで、同雑誌の表紙にKim Kardashianさんのヌードに近い過激な写真を掲載した。Break The Internetは、「インターネットを壊す」ほど、ソーシャルメディアなどで大きな注目を集め、シェアされたリンクや画像へのアクセスが殺到することを狙ったものだ。Kim Kardashianさんは、米国のリアリティテレビスターで、ソーシャルメディアに過激な自撮り写真などをたびたび投稿して話題を集めてきた人物)。

 「Paper誌はKim Kardashianの写真を撮影した後、6日間でウェブサイトを強化し、先例のない需要に対処した」(O'Donovan氏)

 「同誌はAmazonから多くの部品を手に入れて、それらを組み上げ、膨大な数のユーザーにサービスを提供した後、それらの部品をすべて破棄した。このような柔軟性をメディア企業は求めている。考えられないくらいに(トラフィックが)急増することがあるからだ。ある時間帯に、トラフィックはゼロから一気に跳ね上がる」(同氏)

生産性が30倍に向上

 FT Platformは、The Financial Timesオンライン版の中核をなす部分を支えている。すなわち、ニュースやその他のコンテンツを提供する「Apache HTTP Server」と「Apache Tomcat」ソフトウェア、DNSサーバ、「MySQL」データベース、サイトを高速に読み込める状態に維持する「jetNEXUS」負荷分散ツールだ。

 FTの開発者は、コードの構築とテスト、そして本番環境への展開を1日で完了することができる。従来のプラットフォームでは、この作業に30日程度かかっていた。

 生産性が30倍に向上した要因は、開発者と本番環境の間のパイプラインが自動化されたことだ。新しいコードは「Git」から「AntHill Pro」に移されて、構築とテストが行われた後、QA(品質保証)環境、テスト環境を経て、最終的に本番環境に展開される。この一連のプロセスはすべてPuppetを使って管理される。

 O'Donovan氏は、「FT Platformは自動化できるものをすべて自動化する」と述べ、「今では、APIを持たない企業は相手にしない」と付け加えた。

 コードとインフラストラクチャの展開に関連する手作業の大半を排除したことで、FTはオンラインサービスを以前よりはるかに短期間でアップグレードできるようになった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]