編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

マイクロソフト、2016年にWindows 10アップデート「Redstone」をリリースか

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-04-08 11:17

 Microsoft内に、Windowsの新しい開発コード「Redstone」が存在するようだ。情報ブログのNeowinが米国時間4月7日にRedstoneの存在を明らかにし、「2016年に配信される次期Windowsアップデート」であるとした。私の情報筋からの情報と照らし合わせても、これは正しいとみてよさそうだ。

 「Threshold」という開発コードの下で開発されてきた「Windows 10」は、2015年の夏に発売となる予定だ。情報筋によると、今年秋にThresholdのマイナーアップデートが行われる予定という(このアップデートもThresholdとして開発されている)。これに加えて、MicrosoftはWindows 10が製造工程向けリリース(RTM)となる前後に、継続して小規模な修正やアップデートを定期的に行うことになっている。


 現在のMicrosoftの計画では、2016年のWindowsについても同様に夏/秋リリーススケジュールを予定している。Redstoneは2016年に行われるこれらのリリースの開発コード名で、「Windows 11」や「Windows 12」ではない。Windows 10のままだろうというのが私が得た情報だ。

 Redstoneは、1カ月程度の間隔で配信する定期的なアップデートとしてWindows 10ユーザーに自動配信される。他のアップデートよりも大型で、新しい機能が盛り込まれたり、新しいデバイスのサポートが加わると予想できる。

 定期的にWindows 10のアップデートを配信するという方法は、「Spartan」(Windows 10向けの新しいブラウザ)、メッセージング、スタートメニューなど、Windowsコアではないものには有効な方法といえる。だが、深いレベルのコアが「Xbox Surface Hub」「Windows Phone」「HoloLens」などWindows 10上に構築したデバイスをサポートするためには大規模な変更が必要な場合があり、Redstoneのような大型アップデートが有効となる。

 Redstoneはまた、Windows 10リリースには間に合わなかったWindowsコア機能を配信する手段としての役割もあるとのことだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]