編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

マイクロソフト、「Windows Server 2016」で「Nano Server」モードを提供へ

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-04-09 10:38

 Microsoftは米国時間4月8日付けの公式ブログで、「Nano Server」実装モードの導入を認めた。2016年にリリースする次期Windows Serverである「Windows Server 2016」の一部となるが、5月にリリースを予定しているWindows Server 2016のプレビュー版には含まれない。その後公開するビルドに含まれる予定だという。

 Nano Serverは、簡素化した軽量のWindows Serverを動かすことができるオプションだ。容量はWindows Server Coreの20分の1で、最小限のコンポーネント(Hyper-V、クラスタ、ネットワーク、ストレージ、.Net、Core CLRなど)のみで構成される。

 Microsoftは合わせて、Windows Server 2016でのWindowsコンテナオプションについても説明している。Microsoftは2014年10月、次期Windows ServerにはWindowsとLinuxのコンテナサポートが加わると述べていた。WindowsとLinuxの2種類のコンテナはともに、オープンソースのアプリケーション実装自動化エンジン「Docker」を利用して管理できるという。

 Microsoftは、顧客はDockerコンテナアプリケーションを作成して、オンプレミスのWindows Server上で動かすか、またはAzureクラウド上の仮想マシン内で動く次期Windows Serverにホスティングして動かすことができるとしていた。

 4月8日のブログでは、これに加えて新しいオプションを用意することも発表された。Windows Server 2016ユーザーは、Microsoftが「Hyper-Vコンテナ」とするものを動かすこともできるという。Hyper-VコンテナはDockerで管理できるコンテナで、MicrosoftのHyper-V仮想化技術を土台とする。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]