編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

Active Directoryを乗っ取る例が多数--Windows Server 2003サポート終了間近 - (page 3)

三浦優子

2015-04-10 12:14

 中小企業を対象とした移行支援策として、「Openライセンスキャンペーン」を実施してきたが、キャンペーン期間の4月1日から6月30日まで延長する。支払いについても、マイクロソフトファイナンスから優遇金利策を提供する。

 実際に短期間でWindows Server 2003を移行した、農家向けに有機肥料を提供している片倉チッカリンの業務システム室 室長補佐の岸英幸氏が登壇し、オフコンに依存していた帳票システム、DWHの移行を行った経験を披露した。

 同社ではCOBOLベースの独自開発の基幹システムのパッケージへの移行、帳票システム、DWHと移行の必要があるものが複数存在した。そこでまず決算時期の前に基幹システムを移行する必要があると判断し、2013年9月に基幹システムの移行を行った。

 その後、2014年4月という目標に向け、帳票システム、DWHの移行を進めた。短期間ではあったが、従来は2台のサーバを持っていたが、仮想化によってサーバを1台に集約。さらに使い勝手が悪いという声が上がっていたDWHを全業務、全社員が利用できるものへと変貌させることに成功した。

 「短期間に移行作業を行う場合に、それほど重要ではない問題について長期間話し合って時間を費やすことがある。細かいことにはあまりとらわれず、真の目標を優先し、問題が起こった際にはプライオリティをつけて優先すべきことを選んで作業を進めるべきだと感じている。実際にサーバ移行を実現した結果、サーバはどこに置かれても関係ない。サービスがきちんと提供されればいいと時間し、今後はAzureの導入も検討したい」(岸氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]