松岡功の一言もの申す

オラクル幹部が語る「エンタープライズSaaS」の勘所

松岡功 2015年04月15日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルが4月9日と10日に都内で開催した「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」では、オラクルのクラウド事業への意気込みが十分に感じられた。中でも印象的だったのは、SaaS事業への注力ぶりだ。米Oracleの同事業責任者に取材する機会を得て興味深い話を聞くことができたので、筆者の考察とともに記しておきたい。

「クラウドをサイロ化させないこと」に注力

 「オラクルのSaaS事業戦略は一言でいえば、お客様に“エンタープライズSaaS”を提供することにある」


米Oracle アプリケーション開発&プロダクトマネジメント担当バイスプレジデント Doug Hughes氏

 米Oracleアプリケーション開発&プロダクトマネジメント担当バイスプレジデントのDoug Hughes氏は、SaaS事業戦略の最大のポイントを聞いた筆者に対してこう答えた。

 エンタープライズSaaSとは何か。それがユーザー企業にどのようなメリットをもたらすのか。今回のイベントでのHughes氏の講演と個別取材から、とくに同社が提供するSaaSのユーザーメリットに注目してみたい。

 Hughes氏はまず、SaaSなどのクラウドがもたらすユーザーメリットとして、「ITの簡素化」「IT支出のコストパフォーマンスの向上」「ビジネスプロセスの最適化のスピードアップ」「イノベーションの推進」「国際的レベルのセキュリティとコンプライアンスの実現」といった点を挙げた。ただし、これらはオラクルのクラウド特有ではなく、一般的に言われるクラウドのメリットである。

 では、オラクルのSaaS特有のユーザーメリットとは何か。この点でHughes氏の話から筆者がとくに注目したのは、「クラウドをサイロ化させないこと」である。

 クラウドのサイロ化とは、例えば企業において、それぞれの業務部門が異なるSaaSを導入して連携がとれなくなってしまう状況に陥るケースのことだ。こうなると、全社のIT環境としてガバナンスがとれなくなり、コストもかさんでしまう。オラクルのSaaSなら、なぜサイロにならないのか。

クラウドアプリケーションのあるべき姿を追求

 Hughes氏によると、「われわれは、SaaSとして提供するクラウドアプリケーションのデザインはどうあるべきかという観点から、その構造を再構築した」と言う。具体的には、それぞれのアプリケーションを基盤部分とフロント部分に分けて構築し、基盤部分を共通化することで、異なるアプリケーション間の連携をとれるようにした形だ。

 例えば、図に示したのが、人事管理アプリケーション「Human Capital Management(HCM) Cloud」の構造だ。上段は「人材管理」や「能力管理」などのフロント部分、下段は「ベストインクラスPaaS」から「共通のセキュリティおよびアイデンティティ・サービス」まで5つのレイヤからなる基盤部分である。


「HCM Cloud」に見るオラクルのクラウドアプリケーションの新構造

 ミソとなるのは、この基盤部分において、アプリケーションが異なっても入れ替わるのは、下から2つ目のレイヤの「統一された社員マスター」、すなわち対象となるデータのみという点だ。例えば、アプリケーションがERPだと「統一された財務マスター」、サプライチェーン管理だと「ユニバーサルな製品マスター」に入れ替わる格好だ。

 ほかの4つのレイヤを共通化することで、異なるアプリケーションを容易に連携できるようにし、SaaSによるクラウドがサイロ化しないように施されているのである。Hughes氏は、「この仕組みがエンタープライズSaaSという考え方だ」と語った。

 だが、オラクルが提供するエンタープライズSaaSは、ユーザー企業から見ると、IT環境全体が同社による“ベンダーロックイン”を招く形になりかねない。ユーザーとしては、クラウドのサイロ化を防いで全体最適化を重視するか、クラウドの選択肢を重視するか、悩ましいところではある。

 今回のイベントで基調講演を行ったOracle会長兼最高技術責任者(CTO)のLarry Ellison氏は、「クラウドの仕組みや運用については、ITのプロであるわれわれに任せていただいて、お客様はそれを利用して業務の生産性向上やビジネスの拡大に注力していただきたい」と訴えた。

 エンタープライズSaaSはまさにこの考え方に基づいたソリューションといえる。ユーザーにとって今後のクラウド活用のありようは、どんな形が最適なのか。エンタープライズSaaSは、オラクルがその1つの形を明示したものであることは間違いない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算