アップル、「ResearchKit」プラットフォームを開発者と医療専門家に開放

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2015年04月15日 10時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが医療と健康に関する研究とデータ分析向けに「ResearchKit」プラットフォームを開放した。

 Appleは米国時間4月14日、ResearchKitを開発者と医療専門家に開放したと発表した。同フレームワークを使って開発された第1弾の研究アプリ群は、喘息や乳がん、心臓血管病、糖尿病、パーキンソン病を研究する。しかし、研究者がResearchKitに自由にアクセスできるようになったことで、研究対象がこれらの病気以外にも拡大する可能性は高い。

 Appleによると、それらのアプリケーションがリリースされてから数週間以内に、6万人以上の「iPhone」ユーザーが任意のデータ収集エクササイズに登録したという。Appleのオペレーション担当シニアバイスプレジデントを務めるJeff Williams氏は、次のようにコメントした。

 医療専門家と研究者のコミュニティー、そして、医療研究に貢献する参加者たちのResearchKitに対する反応にわれわれは喜びと希望を感じている。従来は数百人の参加者しか集まらなかった研究に今では数万人規模の参加者が集まっている。

 世界中の医療研究者がResearchKitを活用してより多くの病気を研究する方法を積極的に模索している。健康とウェルネスに対する世界的な理解への影響は非常に大きなものになる、とわれわれは考えている。

 14日より、研究者と開発者はResearchKitを使って、健康とウェルネスに関連する独自のアプリを開発できるようになった。開発者は新しい研究モジュールを開発して、ResearchKitに貢献することもできる。

 AppleはResearchKitを「医療研究向けの強力なツール」と呼んでいる。スマートフォンユーザーの同意が得られたら、同ソフトウェアフレームワークをベースとするアプリケーションは、加速度センサやジャイロスコープ、マイク、GPSテクノロジを含む現代的なiPhoneのセンサが取得するデータにアクセスし、ユーザーの活動レベルや運動機能、記憶などに関するデータを収集する許可を与えられる。

 さらに、同意を得られたら、ResearchKitは「iOS 8」で初登場したAppleの「HealthKit」ヘルストラッキングソフトウェアと通信して、体重や血圧、血糖値、喘息吸入器の使用などのデータを取得することも可能だ。

 ResearchKitには、研究とデータ収集、調査、「アクティブタスク」に対するユーザーの同意を得るためのフレームワークとテンプレートが含まれる。アクティブタスクはフィットネスや認知機能などの要素についてデータを収集するため、ユーザーにさまざまなアクティビティを行うよう促す。

 ResearchKitは現在、米国App Storeで提供されているが、Appleは、今後においてより多くの国で同フレームワークを展開することを計画している。現在、「iPhone 5」「iPhone 5s」「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」および現行世代の「iPod touch」がResearchKitアプリをサポートしている。


提供:Roy Zipstein | Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]