編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

DDoS攻撃可視化実証実験に成功--A10とSAP

NO BUDGET

2015-04-17 15:09

 A10ネットワークスとSAPジャパンは4月16日、企業に対するDDoS攻撃をリアルタイムで可視化するソリューションの実証実験に成功したと発表した。

 SAPジャパンが運営する共同研究施設「SAP Co-Innovation Lab Tokyo(COIL Tokyo)」において、A10の提供するADC(アプリケーションデリバリーコントローラー)「Thunder ADC」と、SAPジャパンの提供するインメモリデータベース「SAP HANA」を連携した「Attack Finder(仮称)」を開発し、実証実験を行った。


COIL TokyoにおけるAttack Finderの検証環境

 インターネットのネットワーク上を流れるパケットの情報は膨大な量になることから、リアルタイムで可視化することは困難とされるが、今回の実証実験では、Thunder ADCの独自OSによる柔軟なトラフィックの振り分け機能と、HANAのインメモリデータベースによる高速処理によって実現したという。

 Attack Finderでは、Thunder ADCがゲートウェイとしての役割を担い、定義されてないトラフィックや攻撃を受け取るとHANAに情報を送る。HANAは、受け取った情報を分析し、SAPのデータディスカバリーソフトウェア「SAP Lumira」と、予測分析ソフトウェア「SAP InfiniteInsight」を使用し可視化。

 これにより、パケット量から攻撃者のIPアドレスや発信元まで、サイバー攻撃に関する詳細データの確認および自動分析を可能とした。これらの処理はリアルタイムで行われるため、被害が発生する前に即座に攻撃への対策を打てる。

 さらに、ブラウザでも閲覧可能なシンプルなUIと、豊富なグラフ機能を備えたダッシュボードにより、経営層を含めた全社員が攻撃情報を共有できる。

 両社は年内の商品化を目標に開発を進める。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]