「Get Windows 10」--Windows更新プログラムに隠されたロードマップ

Ed Bott (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2015年04月23日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 既に公然の秘密だったことが、PCサプライチェーンにおけるMicrosoftパートナーの1社によって裏付けられた(そうするつもりはなかったようだ)。Advanced Micro Devices(AMD)のプレジデント兼最高経営責任者(CEO)を務めるLisa Su氏の何気ない発言から、Microsoftが「Windows 10」の提供開始を7月末に予定していることが明らかになった(Microsoftは以前、提供開始日について「2015年夏」とだけ述べていた)。

 しかし、その予定日が近づいてきたとき、具体的には何が起こるのだろうか。ここから、Microsoftの事業計画に関して興味深い疑問がいくつか生じる。

 Windows 10アップグレードプログラムは、史上最大のソフトウェア配布プロジェクトの1つになるだろう。Microsoftは、現在「Windows 7」または「Windows 8.1」を搭載するすべてのPCに完全なアップグレードを無料で提供する予定だ(無料アップグレード対象外の「Enterprise Edition」搭載PCは除く)。

 それは、2Gバイト以上のアップグレードパッケージが各PCにダウンロードされることを意味する。

 では、Windows 10へのアップグレード対象となるPCの台数は、どれくらいの規模なのだろうか。億単位であることは間違いない。世界190カ国で111の言語のWindows搭載PCが使用されている。

 Appleは数年前から「OS X」のアップグレードを無償提供しているが、規模はこれより小さい。MicrosoftのWindows 8.1へのアップグレードプログラムはOS Xのものより大規模だったはずだが、それでも全世界のPCインストールベースに占める割合はわずかだった。

 実は、よく見える場所にロードマップが隠されている。先ごろWindows 7とWindows 8.1向けにリリースされた任意のアップデートに含まれているのだ。そのアップデートとともにインストールされるXMLファイルの中に、「GWX」、すなわち「Get Windows 10」というプログラムについての重要な手がかりがある。

 KB3035583の説明は次のような無味乾燥なものだ。「この更新プログラムは新しい更新プログラムがユーザーに利用可能なときに Windows の更新の通知の追加機能を使用できます。8.1 の Windows または Windows 7 Service Pack 1 (SP1) を実行しているコンピューターに適用されます」

 それだけだ。本当に、これが説明の全文だ。ただし、KB3035583の記事には、このアップデートに含まれるファイルについての記述もある。ほとんどのファイルの名前にはGWXという頭字語が含まれる。

figure_1

 ファイルの詳細を見るとわかるように、GWXはGet Windows 10の頭字語だ。

 このアップデートでは、スケジュールされたタスクが4件セットアップされる。その1つによって、ダウンロードとその後のアップグレードの必要条件を確認する「appraiser」(鑑定)アプリが実行される。さらに、GWXフォルダ内のXMLファイルには、アップデートをインストールした後のさまざまな段階のロードマップが収められている。

figure_2

 最初の段階は「Anticipation UX」だ。あらかじめ定義された3種類のサイズのいずれかで、ポップアップ広告が表示される。おそらく、「Windows 10 is coming. Get excited!」(Windows 10がまもなく登場。乞うご期待)といった宣伝文句だろう。

 次の段階には、「Reservation Page」(予約ページ)という名前が付けられている。筆者の考えでは、これはオプトインページだ。この一連の広告を見たユーザーがプロセスについて読んだ上で承認すれば、アップグレードできるようになるのではないだろうか。

 それ以降の段階は、「Upgrading」(アップグレード)、「Download In Progress」(ダウンロード中)、「Download Complete」(ダウンロード完了)、「Ready for Setup」(セットアップ準備完了)、「Setup in Progress」(セットアップ中)、「Setup Complete」(セットアップ完了)といった機械的なものだ。

 全体的なプロセスは、「Windows Insider」プログラムのメンバーにはなじみ深いイベントの流れに似ている。アップデートにオプトインすると、アップグレードファイルの配信が有効化され、それらのファイルがバックグラウンドでダウンロードされた後にインストールされる。ユーザー側で必要な操作は最小限に抑えられている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]