編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

「Office Online」と「Dropbox」の連携を試してみた--クラウドでより便利に - (page 2)

Ed Bott (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-04-24 06:15

 Office Onlineのウィンドウ内におけるDropboxドキュメントの編集制御は、OneDriveドキュメントのそれと同じとなっている。Excel OnlineやWord Online、PowerPoint Onlineでの編集はすべて即座に保存される。手作業で保存する必要はなく、実際のところそのようなメニューも用意されていない。


 DropboxでOfficeドキュメントを表示させると、以下のような高品質なプレビューが得られた。ただし、Dropbox側での編集はできない。このため、「開く」をクリックし、Office Onlineに切り替える必要がある(もっとも、ドキュメントの名前を変更する場合には、Dropboxウィンドウから行うことになる)。


 ドキュメントを誰かと共有するには、Office Online側やDropbox側で「共有」ボタンを押せばよい。いずれの場合も、電子メールやインスタントメッセンジャーで送信できるウェブリンクが得られる。

 リンク機能は今のところ荒削りなものとなっている。Dropbox側から共有されるOfficeファイルはすべて、読み込みのみと設定される。そして受信者は、ファイルを閲覧するか、コピーをダウンロードするか、自身のOffice 365を使ってオープンできる。しかし、Dropboxに格納されたファイルに対してはOneDriveの共同作業機能を使用できない。また、「Dropbox for Business」のアカウントがあれば、ファイルへのリンクをパスワードで保護できるが、OneDriveのように特定のユーザーに対してファイルを共有しながら、それぞれに編集権限の有無を指定するような方法は用意されていない。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]