編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ポケットにPCを--小型でも強力なスティック型PC5選

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-04-29 07:30

 スティック型PCとは、従来のデスクトップPCをポケットに入るサイズにまで縮小したガジェットだ。

 スティック型PC市場は、IntelやGoogleの参入も予定されており、盛り上がりを見せつつある。本記事ではこの市場に出回っている製品と近々登場する製品を紹介する。

Intel Compute Stick

 「Intel Compute Stick」はディスプレイのHDMIポートに差し込む製品であり、その価格は「Windows 8.1 with Bing」搭載モデルが149.99ドル、Linux(「Ubuntu 14.04 LTS」)搭載モデルが109.99ドルだ。

 スペック的には中価格帯のタブレットと同じくらいであり、Intelのグラフィックス機能を統合したクアッドコアプロセッサ「Atom Z3735F」(開発コード名:「Bay Trail Refresh」)を搭載している。

 ハードウェアはOSによって変わってくる。Windows版は2GバイトのRAMと32Gバイトのストレージを、Linux版は1GバイトのRAMと8Gバイトのストレージを搭載している。またこの製品は、フルサイズのUSBポートとmicro USBポート、Bluetooth 4.0、802.11b/g/nを装備している。

Intel Compute Stick

 「Intel Compute Stick」はディスプレイのHDMIポートに差し込む製品であり、その価格は「Windows 8.1 with Bing」搭載モデルが149.99ドル、Linux(「Ubuntu 14.04 LTS」)搭載モデルが109.99ドルだ。

 スペック的には中価格帯のタブレットと同じくらいであり、Intelのグラフィックス機能を統合したクアッドコアプロセッサ「Atom Z3735F」(開発コード名:「Bay Trail Refresh」)を搭載している。

 ハードウェアはOSによって変わってくる。Windows版は2GバイトのRAMと32Gバイトのストレージを、Linux版は1GバイトのRAMと8Gバイトのストレージを搭載している。またこの製品は、フルサイズのUSBポートとmicro USBポート、Bluetooth 4.0、802.11b/g/nを装備している。

提供:Intel

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]