編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

サイボウズが朝の品川駅で“バナナ”を配っていた

羽野三千世 (編集部)

2015-04-22 21:11

 サイボウズが、4月21日~23日の朝8時から、品川駅の港南口付近で“バナナ”を配布している。同社のPaaS「kintone」のプロモーションの一環だという。バナナを配っていたkintoneプロダクトマネージャーの伊佐政隆氏に、このプロモーションの狙いについて質問した。


サイボウズ ビジネスマーケティング本部 kintoneプロダクトマネージャー 伊佐政隆氏

--なぜ朝早くからバナナを配っているのですか。

 「POWER FOR IDEAS kintone」というプロモーションです。配っているのは、ただのバナナではありません。「アイデアバナナ」です。皮に、業務リーダーが抱える課題解決のアイデアになるような格言が書いてあります。


ビジネスリーダーに向けた格言が書かれた「アイデアバナナ」

 kintoneは、業務に課題を抱えたビジネスリーダーを支援するツールです。ビジネスリーダーにとって、自社の業務に問題意識を持つきっかけになるような、あるいは業務改革のアイデアになるような20種類の格言をバナナに書いて配布しています。

 アイデアバナナを受け取ったビジネスリーダーが、日々の業務に少しでも疑問を持って、改善に動いてくれればよいと思います。そのツールとしてkintoneが選ばれることを期待して、包装袋にはkintoneのプロモーションサイトへリンクするQRコードを印刷しました。

--なぜバナナなのでしょう。

 業務改革にはエネルギーが必要、エネルギーの源といえばバナナかな、という発想です。バナナの黄色は、kintoneのブランドカラーでもあります。

--品川駅を選択した理由は。

 大手企業のビジネスリーダーにアイデアバナナを届けるために、品川駅を選びました。大手企業さんの本社所在地をマッピングすると、1位は東京駅、2位が品川駅です。東京駅だと通勤の動線が分散してしまうので、品川駅にしました。

--このプロモーション費用はどのくらいでしょうか。

 詳細は企業秘密ですが、バナナと包装袋、シールの用意と、人件費を合わせて数百万円規模です。バナナは配布用に1日1500本を3日分、品川駅構内での展示用に900本、合計5400本用意しています。


品川駅港南口の外で「アイデアバナナ」を配布

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]