編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

SoftLayerにDeep Securityを導入--ビットサーフの新サービス

NO BUDGET

2015-04-24 08:29

 ビットサーフは4月23日、IBMのIaaS「SoftLayer」上に、トレンドマイクロのセキュリティサービス「Trend Micro Deep Security」を導入するサービス「Deep Security インテグレーションサービス for SoftLayer」の提供を5月18日から開始すると発表した。価格は税別60万円から。

 ビットサーフは、エンジニアリングサービスとシステムインテグレーションサービスを提供するビットアイルのグループ企業で、これまでもSoftLayerの環境構築支援サービスを提供している。今回の新サービスは、SoftLayerで既に提供されているセキュリティ機能に加え、さらなるセキュリティ強化を施すものとして提供される。

 環境構築からセキュリティの設定、チューニングまで提供し、SoftLayerが提供するセキュリティ対策や、Deep Securityの多彩な機能の中から、ユーザーの業務要件に応じた、最適な組み合わせによるセキュリティ対策を実現する。

 Deep Securityにより、Linuxにおけるセキュリティ対策、SoftLayerのサービス上では未提供となっているセキュリティ一元管理ソフトウェア提供、セキュリティログ監視やファイル、レジストリの変更監視のニーズへの対応が強化されるという。

 また、SoftLayer上に限らずオンプレミスシステムや他クラウドサービス上でのDeep Security導入支援も対応可能。ビットアイルのデータセンター、ビットアイルクラウドの活用により、ユーザー拠点とSoftLayer、他社クラウドとのハイブリッドクラウド・マルチクラウド利用もできる。


「Deep Security インテグレーションサービス for SoftLayer」 構成イメージ図

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]