デキる男のワイン術

デキる男のワイン術--カジュアルな場でこそスマートな振る舞いを

青山葉月 2015年04月26日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワイン好きと飲むにいくと、案外気を使うもの。かくなる私も前職時代、ワインを飲む人は周りにはほぼ皆無でした。会社の飲み会は、居酒屋でビールか焼酎、日本酒が普通。予算はたいてい4000円前後で、5000円を超えると高いと言われる。


 いかにコストパフォーマンスの良いお店を見つけるかが幹事の腕の見せどころでした。ワインが好きというとお高い女と思われるので「ワインはよく飲むの?」と聞かれても、「毎日ボトル一本は飲みます」とバカ正直に応えずに、ハニカミながら「はい、たしなむ程度ですが……」と答えていたものです。

 ワインのある宴席で、気をつけたいこと。ソムリエのいるお店に行く時は、基本的にはワインを注ぐなどのサービスは全ておまかせします。問題なのは、カジュアルな宴席でのワインの扱い。以下にまとめてみました。

1.ワイン好きだからといって無理にワインを頼まない

 チェーンの居酒屋さんにいって、飲み放題メニューに白ワインや赤ワイン、必ずありますよね。そこで、「あ、○○ちゃんワイン好きだったよね」と決めつけ、「スイマセーン、飲み放題メニューの赤ワイン、ボトルで!」と勝手にオーダー。

 そして有無を言わせずじょぼじょぼ注ぐ。ちょ、ちょっと待った?! ワインの好みはさまざま。ワインなら何でもいいわけではありません。ワイン好きにも、それ以外の飲み物を飲む権利を与えてください。

2.ワインを注ぐ時は、上品に

 ワインを自分たちで注ぐ時に、グラスの淵いっぱいまで注ぐのは、ちょっと品がないですね。それに、香りも味も分からなくなります。

 こういう場合は、せいぜいグラスの3分の1までが上品。注ぎ足すタイミングも実は気を使うポイント。人によっては、ワインを全部飲み切って、空になった状態で注いでほしい人もいます。

 私の場合は、残りひとくちになるまで待ってから注ぐことが多いのですが、グラスが空になるのが気になる人は、少なくなってきた時点で注ぎ足すのもいいかもしれません。違うボトルが開いてる時は、注ぐ際に何を飲んでいるのか、同じワインで良いのかを確認すると丁寧です。

3.ワインを注がれる時は、グラスを持たず、「Stay!」

 ビールの場合は、グラス胸の高さあたりまで持っていって杯を受けるのが普通ですが、ワインの場合はグラスを持つのは御法度です。テーブルにグラスを置いた状態で、注いでもらうのを待ちましょう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算