中国ビジネス四方山話

中国でApple Watchのニセモノ早速登場--ニセモノを振り切るキラーアプリが待ち望まれる

山谷剛史 2015年04月28日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月24日、Apple Watchが世界同日発売された。対象国には中国も含まれていて、中国の消費者にとっては、Appleが中国市場を大事にしているというアピールにもなった。高級品の爆買や、iPhoneのゴールドモデルのヒットで知られる中国だが、Apple Watch Editionについては売れているというニュースは目にしない。

 中国で注目されたのは、香港や中国外から転売されたやや安価なApple Watchではなく、「山寨機」なるノンブランドのニセモノだ。本家の発売日前からニセモノのApple Watchが市場で売られていた。本家の価格は2488元(約5万円)からだが、ニセモノは安いもので300元(約6000円)から深センのリアルマーケットや淘宝網などで売られている。そして売れ行きは悪くないと複数のメディアが報道している。

 中国では新型iPhoneが発表されるとニセモノが登場すると思われがちだが、最近はすっかりその流れも静かなものとなっていた。iPhoneのニセモノは1~2機種程度は出るものの、ろくに市場に出回ることなくフェードアウトする。だがApple Watchは違う。確認できないほど多種なApple Watchが出回り、本物に比べ手質感が安っぽいもの、見た目も結構違うもの、逆によく頑張って似せたものや、SIMカードが入って通話ができるものなど、それぞれに個性がある。


淘宝網で売られるAppleWatchもどき。値段は399元

 Apple製品ではないが、過去にKindleが出たときにも、それに似た電子ブックリーダーが出てきた。Apple Watchのニセモノラッシュは以前の新型iPhoneやKindleがリリースされたころを思い出させてくれる。

 中国でiPhoneのニセモノが多数出ていた頃は、「iPhoneにしか実現できない機能があって、だからこそiPhoneを手に入れる必要がある」というニーズが中国の消費者の間にはなかった。中国メディアがiPhoneを紹介するときも「iPhoneというものは、電話ができて、音楽が再生でき、アプリとやらが入れられて機能が追加できる」「CPUのスペックはどれくらいで、メモリ容量はどれくらいで…」という風なものばかりで、たまに分解記事があった程度だった。

 そこに登場し、世界的に大ヒットしたのがゲームの「AngryBirds」だ。AngryBirdsは、中国でメンツ目的以外のニーズを掘り起こし、最初のiPhoneブームを巻き起こした。当時の(少なくとも中国で売られている)Androidスマートフォンは、画面はそれより小さく、CPUやメモリが不十分で遊べるものではなかった。だからこそ、AngryBirds以降は、iPhoneは本物でなくてはならなかった。逆にキラーアプリ無き頃はニセiPhoneのニーズがまだあった。ニセモノが入り込む隙があったのだ。

 Apple Watchについても、中国メディアは、当時のiPhoneレビュー記事のように、質感やスペック、分解でしか評価していない。ニセApple Watchが氾濫するのも、各メーカーが「Apple Watchでないと困ることが見つかるまではニーズがある」ことを見越した結果だろう。

 今や質感にこだわらなければ、Apple Watch似のスマートウォッチを出すのは、メーカーにとって難しいことではない。中国の携帯電話市場では、記憶する限り2012年頃から多種多様なノンブランドの小型フィーチャーフォンが売られている。音楽が聴けて写真も再生できるスマートウォッチ大の大きさのものもある。技術的ハードルが低いこの商機に多くのメーカーが参入している。

 「Watch OSを搭載したApple Watchでないとできないこと」や「iPhoneと連携しないとできないこと」が購入の動機とならない限り、ニセモノは出続ける。既存の技術を組み合わせてAndroidをカスタマイズしたApple Watchが出てきてもおかしくない。ないしは、中国での電子ブックリーダーがそうであったように、対黒船で最初は多数リリースされたニセモノも、本家のフェードアウトによりニセモノも商機でないと判断し、消えていくかもしれない。

山谷剛史(やまやたけし)
フリーランスライター
2002年より中国雲南省昆明市を拠点に活動。中国、インド、アセアンのITや消費トレンドをIT系メディア・経済系メディア・トレンド誌などに執筆。メディア出演、講演も行う。著書に「日本人が知らない中国ネットトレンド2014 」「新しい中国人 ネットで団結する若者たち 」など。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]